ペアレント・メンター養成事業について

ペアレント・メンターとは

「親による親のための相談者」です。

具体的には

  • 同じ障害児を育てている親として悩みに寄り添い共感します。
  • 発達障害とその支援に関する情報の提供を行います。
  • 地域の支援機関等に関する情報の提供を行います。
  • 専門機関での相談のきっかけ作りとなるよう、可能な範囲での支援を行います。
     

ペアレント・メンターは問題解決のための助言を行う専門家ではありません。

同じ親として精神的な支えになることを目指します。

養成研修を受講いただいた発達障害のお子さんのいる保護者に、ペアレント・メンターとして活動してもらっています。

活動内容

親子教室の保護者会、親の会、機関での学習会等で開催される茶話会や座談会に入り、お話を聞きます。保護者の方の悩みを聞き寄り添いながら共感し、経験談をお話ししたり支援ツールや地域の支援機関等の情報提供を行います。

(電話相談や個別相談は行っていません)
 

参加者の感想から

  • 色々な経験者のお話が聞けて、子供に対し理解ができ、自分の心にも少し余裕ができたような気がしました。
  • 先輩お母さん方からの経験を交えたお話は何とも言えない重みがありました。
  • 体験されたお話は、とてもわかりやすく、心にすっと届きました。
  • 身近な人からの体験談は、非常に共感できる部分がありましたし、距離感が近く感じることができました。

このページの先頭へ