介護支援専門員証の有効期間の更新

1 介護支援専門員証の有効期間の更新について

介護支援専門員証の有効期間は、申請により更新します。(介護保険法第69条の8)

介護支援専門員証の更新に必要な研修に関するフローチャート(PDF形式 84キロバイト)

介護支援専門員証の更新に必要な研修については、過去の研修受講履歴等により異なりますので、上記フローチャートを確認の上、各自で資格の自己管理管理をお願いします。

2 更新の手続きについて

平成30年度の有効期間更新の手続きは、次のすべてに該当する方が対象です。

  • 和歌山県で介護支援専門員の登録を受けている方
  • 更新のための研修(更新研修等)を修了している方
  • 有効期間が平成31年1月から平成31年12月の間に満了する方


更新手続きについて(PDF形式 389キロバイト)

手続きに掲載している申請書等の各様式は、こちらからダウンロードできます平成30年7月30日様式を改正しました


更新フローチャート(PDF形式 76キロバイト)

補足 上記の介護支援専門員証の更新に必要な研修に関するフローチャートも併せてご確認下さい。
対象者の方には、平成30年2月末に登録住所あてに郵送しています。

平成30年7月30日に申請書等の様式を改正しました(旧様式での申請も可能です)

平成28年度又は平成29年度の主任介護支援専門員更新研修を修了し、介護支援専門員証の有効期間を主任介護支援専門員更新研修修了証明書の有効期間に揃えないことを希望する方で、まだ「介護支援専門員証有効期間変更願」を提出されていない場合は、旧様式で更新の申請をする場合、併せて「介護支援専門員証有効期間変更願」 の提出が必要です。

新様式の場合は「介護支援専門員証有効期間変更願」の提出は不要です。

介護支援専門員証有効期間変更願(PDF形式 61キロバイト)

このページの先頭へ