運営方針

運営方針

理念

県民により信頼される病院づくりを志向し、県内の精神医療の中核病院として、真にふさわしい質の高い精神医療の提供を目指します。

基本方針

  1. 早期社会復帰の実現
  2. 地域精神医療の推進
  3. 健全な病院経営の推進

使命

  1. 精神医療の総合的・先駆的治療の推進
  2. 地域精神保健医療の向上と推進
  3. 精神医療の臨床教育・研究の推進

運営方針

  1. 精神科外来機能の拡充強化と専門治療の充実
  2. 精神科リハビリテーションの積極的実施
  3. チーム医療の推進
  4. 精神科救急医療体制の充実
  5. 精神医療の臨床研修及び研究の推進
  6. 関係機関との有機的連携と地域活動の展開
  7. インフォームドコンセントの重視と広報の充実
  8. 効率的な病院研修の推進

診療方針

  1. 患者の人権を尊重し、開放的処遇を行います。
  2. 患者の個別性を重視し、精神科医療の専門性を強化・推進していきます。
  3. チーム医療を展開して短期治療を目指します。
  4. 臨床教育・研修に努めます。
  5. 地域との関係を深め、地域精神医療を進めます。

経営計画

第4次中期経営計画

平成27年3月に総務省から「新公立病院改革ガイドライン」が示され、「経営効率化」「再編・ネットワーク化」「経営形態の見直し」「地域医療構想を踏まえた役割の明確化」を踏まえた新たな経営計画の策定が要請されました。これらを踏まえ、県立精神科病院として、また県の精神科医療の中核として、精神科救急医療体制や専門外来・病棟の更なる充実を図るため、第4次中期経営計画を策定しました。

概要(PDF形式 71キロバイト)

主な内容(項目)(PDF形式 97キロバイト)

PDF形式を開きます中期経営計画(本文)(PDF形式 257キロバイト)

PDF形式を開きます中期経営計画(評価)(PDF形式 427キロバイト)

  • 当院は臨床研修、看護実習などを受け入れ、精神医療の県内中核病院として教育機能等の充実を図っています。

このページの先頭へ