看護学科二部

看護学科二部看護学科二部(2年課程昼間定時制)

この学科は、すでに准看護師の免許を得た者が、看護師の資格を得るための教育コースです。
少子高齢社会における保健医療福祉の分野の変化は著しく、人々の健康意識の高まりや医療の高度化・専門化に伴い、看護職者の質の向上が求められている。
これら社会のニーズに対応するため、専門職としての誇り得る看護師を育成します。看護の対象である人間の幅広い理解と科学的思考を基盤とした看護の実践力を身に付けられるように支援します。
さらに、豊かな人間性を養い、生涯にわたる自己教育力を支援します。
卒業後の進路は、保健師または、助産師養成学校への進学、看護師免許取得後は、病院、診療所、福祉施設などに就職できます。

(1)教育目的

人間尊重を基盤として、専門的知識および技術・態度を習得し、主体性を持ち社会のニーズに対応し得る看護師を育成する。

(2)教育目標

  1. 人々の健康上の問題を解決するための基盤の上に科学的根拠に基づいた知識・技術を養う。
  2. 看護の対象である人間を統合的に理解する能力を養う。
  3. ニーズに対応できる問題解決能力を養う。
  4. 保健医療福祉チームの一員として、看護の役割と責任を果たす能力を養う。
  5. 自己研鑽に励み、看護の質を向上させる態度を養う。
  6. 豊かな人間性と倫理観を養う。

資料(PDF形式 1,240キロバイト)

このページの先頭へ