和歌山県公衆衛生医師職員採用ガイド

和歌山県公衆衛生医師職員採用ガイド

和歌山県では、保健所・県庁等に勤務していただける公衆衛生医師を募集しております。

専門分野・保健所等の勤務経験は問いません。

採用は、ご希望に合わせて随時行っております。詳細につきましては、以下の点をご参考ください。

採用にあたって

採用にあたっての一覧
見出し 内容
募集 公衆衛生医師(要医師免許)
採用時期 随時採用
年齢 64歳まで(専門分野、保健所の経験は問いません。)
勤務先 本庁、保健所など
職階 新規採用:技師

中途採用:経歴に応じて任用

補足 昇任は職員により異なります。

給与等

約800万円(技師級)から1,400万円程度(課長級)(税金含む)

上記のほか、職員の給与に関する条例等の定めに従い、初任給調整手当(卒業後16年未満の場合に368,000円(橋本保健所は308,000円)など)扶養手当(配偶者13,000円など)、地域手当(16%)、住居手当、通勤手当等が支給されます。

また期末・勤勉手当(いわゆるボーナス)として年間で4.30月分が支給されます。(平成29年4月1日現在)

勤務時間

午前9時から午後5時45分(休憩60分)

休日 土曜日・日曜日、祝日、年末・年始 緊急時等除く
休暇

年次休暇20日、特別休暇(夏季、産前産後 等)、育児休業 等

年次休暇の取得は、1時間単位

年次休暇の残った日数は、20日を限度として翌年に繰り越し(最高40日)

補足 4月1日採用の場合は、15日(初年度)

その他、夏季休暇(5日)、産前産後休暇等

研修制度 保健所への配属にあたっては、採用後、国立保健医療科学院の研修に必要に応じ随時派遣します。ただし、3年間以上、公衆衛生の実務に従事した経験のある人等を除きます。
選考方法 論文考査、個別面接

公衆衛生医師職員採用については、こちら(別ページへ移動します。)

保健所勤務のメリット

  • 緊急時以外の夜勤・当直はありません。
    ワーク・ライフ・バランスが実現できます。
  • 専門分野以外にも様々な研修を受講可能です。
    入庁後のスキルアップが目指せます。

公衆衛生医師の業務について

1.本庁における業務 県民のいのちと健康を守るシステムを作る

本庁各課(医務課・健康推進課・薬務課等)において、地域の健康や医療課題を明らかにし県民の安全安心を守る政策のグランドデザインを描き、実行します。

  • 県民の信頼に応える救急医療システムなど様々な医療体制を作ります。
    地域の医療機関の協力に基づいた救急医療体制の確保やドクターヘリの運航など、いざというときに県民のいのちを守る施策を企画・立案。
  • 医師・看護師をはじめとする医療従事者の確保対策を行います。
    医師・看護師等の養成やキャリア形成支援を実施。
  • がん・生活習慣病から県民を守る施策を推進します。
    がん検診や緩和ケアの質を高めるための環境整備、がん診療を担う医療体制の強化、市町村や民間企業との協力体制を構築。
  • 広域における感染症対策を行います。
    新型インフルエンザ、結核、エイズなどの感染症について、予防から発生時の対応等を定めた計画の策定、医療体制の整備、県民への情報発信。

2.保健所における主な業務-地域のネットワークをつくり、県民のいのちと健康を守る「第一線の機関」

県民に直接接し、支援方法について地元の医師会や市町村等と話し合い、地域住民の健康づくりの拠点としての役割を発揮します。

和歌山県では、和歌山市を除く29市町村を対象に7保健所を運営しております。

補足 下記参照

保健所では次の業務を行っています。

  • 結核や新型インフルエンザなどの様々な感染症から県民を守ります。
    健康相談、疫学調査、保健指導等を通じて、感染症の発生を予防、感染拡大を防止。
  • 県民の健康づくりを支援します。
    がん・生活習慣病の予防やこころのケアなど、県民の心と身体の健康づくりのための支援等
  • 難病患者などの支援を要する方を支えます。
    小児慢性特定疾患児や難病患者、精神障がい者とその家族に対し、日常生活や療養上の相談、保健指導。
  • 地域の健康課題を把握・対応します。
    災害時医療体制の強化や地域の様々な健康課題の解決を図る。
  • 快適で安心できる生活環境を確保します。
    食品衛生や環境衛生など、暮らしの衛生に関する許認可等の手続きや監視指導。

3.保健所医師への従事のすすめ

「福祉保健部 健康局長 野尻孝子からのメッセージ」

保健所は、公衆衛生の拠点として地域保健法において必置の機関と位置付けされています。

保健所の活動は一人の患者さんのみではなく、健康な住民をも含む多くの人々を対象としています。

対象とする事象も、健康づくり、感染症対策、災害医療対策、医療安全対策、母子保健対策、高齢者対策、難病対策、精神保健福祉対策、食品衛生対策、薬事、環境衛生対策、動物衛生対策など幅広い業務を所掌しています。「ゆりかごから墓場まで」とも言われるように人の生涯の健康に係る仕事をしています。また、地域保健法の基本指針では「専門的広域的な地域の拠点」とされています。管轄地域には最大のパートナーともいうべき市町村があり、市町村と役割分担または重層的に住民への専門的なサービスを提供します。

さらに、行政のみでは、地域の様々なシステムは作ることはできません。地域の医師会や病院をはじめ各団体とよりよい協力関係を築きながら取り組むことが求められます。そして関係団体と協働で地域の保健医療のシステムを作りあげる重要な役割を担っています。これらは臨床の場では経験できないことです。

県民の健康を守ること。予防医学の実践の現場は保健所にあります。是非、私達と一緒にこれらの業務に携わり、「元気な和歌山県」を目指しましょう。

各保健所

本庁
保健所名 住所

TEL

和歌山県庁 〒640-8585 和歌山市小松原通一丁目1番地

073-441-2600

県立保健所

No.

保健所名 住所

TEL

1

海南保健所

〒642-0022 海南市大野中939

073-482-0600

2

岩出保健所

〒649-6223 岩出市高塚209

0736-63-0100

3

橋本保健所

〒649-7203 橋本市高野口町名古曽927

0736-42-3210

4

湯浅保健所

〒643-0004 有田郡湯浅町湯浅2355-1

0737-63-4111

5

御坊保健所

〒644-0011 御坊市湯川長財部859-2

0738-22-3481

6

田辺保健所

〒646-8580 田辺市朝日ヶ丘23-1

0739-22-1200

7

新宮保健所

〒647-8551 新宮市緑ヶ丘2-4-8

0735-22-8551

8

新宮保健所串本支所

〒649-4122 東牟婁郡串本町西向193

0735-72-0525

map

和歌山県の魅力

世界遺産がいっぱい

熊野山道の写真
熊野古道
高野山の写真
高野山

マリンスポーツのメッカ

ヨットの写真
ヨット
白良浜の写真
白良浜

果樹王国

みかん
みかん

海の幸も豊富

まぐろの写真
まぐろ

麻酔手術の先駆者

華岡青洲の写真
華岡青洲

温泉三昧

きいちゃんおふろイラスト
県内各地には温泉がたくさん

ホームページリンク

きいちゃん

きいちゃん

和歌山県PRキャラクター

わかぱん
パンダが8頭

このページの先頭へ