外国人患者への医療提供について

医療機関における外国人患者の受入れに係る実態調査

 外国人が増加する中、厚生労働省では、外国人に対する医療提供体制の現状の把握が必要であるとし、全国の病院等を対象とした実態調査が昨年度に引き続き実施されることとなりました。

 なお、今後の体制整備や施策検討のため、今年度は本県独自の調査も併せて実施させていただきます。
 関係者の皆様におかれましては、御多用のところ誠に恐縮でございますが、本実態調査の趣旨にご理解・ご協力を賜りますようお願いいたします。
 

1.回答方法

 作業要項をご確認いただき、以下の各様式をデータ(Excel形式)にてご提出ください。

様式

調査内容
調査票A 令和2年9月1日時点の院内の状況
調査票B 令和2年10月中に受診した外国人患者の状況
調査票C 令和元年度中に受診した外国人患者の受入実績及び県事業の認知度等


2.提出先

調査票によって提出先、提出期限が異なりますのでご注意ください。
 

 ③その他:可能であれば、今後の検討の基礎資料とするため、県医務課にもあわせて提出願います。

      《医務課アドレス》:e0501002@pref.wakayama.lg.jp
 

  • 調査票B

 ①提出先:調査票Aと同じ

 ②提出期限:12月16日(水)

 ③その他:可能であれば、今後の検討の基礎資料とするため、県医務課にもあわせて提出願います。

      《医務課アドレス》:e0501002@pref.wakayama.lg.jp
 

  • 調査票C

 ①提出先:電子メールにて県医務課あて回答

      《提出先》:e0501002@pref.wakayama.lg.jp

 ②提出期限:10月20日(火)
 

 ※送信の際は、メール本文にご担当者様の所属、氏名、連絡先を明記願います。

 ※外国人患者の受入体制・受入実績のない医療機関であっても、回答にご協力くださいますようお願いいたします。

 

3.問い合わせ先

 調査票により問い合わせ先が異なるためご注意ください。
 

  【調査票A、B】 ※厚生労働省実施分
   株式会社サーベイリサーチセンター
    住所:東京都中央区日本橋3-13-5 KDX日本橋313ビル 5階 SRC内
    TEL:0120-380-641(平日9時30分~17時30分まで)
   《URL》https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000202918_00014.html


  【調査票C】 ※県実施分

   県医務課あてお問い合わせください。

   TEL:073-441-2604

   MAIL:e0501002@pref.wakayama.lg.jp
 

外国人患者を受け入れる医療機関

 厚生労働省ホームページにて、全国の外国人患者を受け入れる医療機関の情報を取りまとめたリストが公開されています。

 ※医療機関ごとに対応可能な内容が異なります。また、各医療機関が日常的に行っている医療提供の範囲内での対応になりますので、すべての外国人患者を受け入れられるものではありません。
 

医療機関向け外国人対応ワンストップサポートセンター

 外国人対応でお困りの事項について医療機関からご相談いただける窓口を下記のとおり開設します。
 

1.窓口について

  • 増加する訪日外国人や在留外国人が安心・安全に医療を受けられる環境を整備するため、令和元年度より厚生労働省にて創設された事業です。
  • 窓口の設置・運営は、平日日中は都道府県にて、夜間・休日は全国一律で厚生労働省にて行うものとなっております。そのため、平日日中と夜間・休日では電話番号等が異なりますのでご利用の際はご注意ください。
     

2.開設期間・利用方法等

令和2年度多言語電話通訳・簡易翻訳サービス事業

 従来から県観光交流課にて観光事業者等を対象とした一般通訳・翻訳事業を行っておりましたが、この度、下記のとおり医療通訳にも対応可能となりました。
 全ての医療機関でご利用いただけますので、お知らせいたします。
 

1.医療通訳対応言語

 英語、中国語(北京語)、韓国語、スペイン語、ポルトガル語
 (一般通訳は上記を含む計12言語が利用可能)
 

2.医療通訳対応時間

 電話通訳:24時間365日

 文章翻訳:3営業日
 

3.利用方法

 以下の申込書により所定の窓口に申込し、利用料(年間2,000円)を支払うことで利用可能となります。
 

4.利用期間

 令和2年4月1日から令和3年3月31日まで
 

5.その他

 県観光交流課ホームページでも当事業の情報を掲載しております。
 

希少言語に対応した遠隔通訳サービス事業(厚生労働省事業) 

 外国人患者の受入環境の更なる充実を目指すため、民間サービスが少なく通訳者の確保が困難な希少言語に対して、国において遠隔通訳サービスが提供されています。

1.対応言語

 タイ語、マレー・インドネシア語、ベトナム語、フランス語 他
 

2.対応期間

 令和2年6月12日~令和3年3月31日(24時間体制)
 

3.利用方法

 以下の申込書により厚生労働省指定の事務局あて事前登録が必要です。
 

4.利用料金

 最初の5分間は1,500円、以降1分あたり500円 ※通話料は利用者負担となります。
 


オンライン説明会の開催について】

わかやま医療情報ネット

 和歌山県内の医療機関に関する情報を提供しており、英語での医療機関検索が可能なサイトです。
 わかやま医療情報ネットのページはこちらをご覧ください。(外部リンク)
 

新型コロナウイルス感染症に関する外国語対応ホームページ(厚生労働省)

 新型コロナウイルス感染症対応に必要な医療機関受診方法等を多言語で情報提供しているページです。
 詳細はこちらをご覧ください。(外部リンク)

このページの先頭へ