健康推進員制度

健康推進員制度について

健康推進員制度は、県民総参加の健康づくりを推進するために創設された制度です。
健康づくりを推進するためには、県民一人ひとりが健康を意識し、家族、ご近所、地域と健康づくりの輪をひろげることが重要です。そのために健康に関する啓発や支援等の役割を担っていただくのが『健康推進員』です。

主な活動事例

  1. 受診勧奨活動
    地域住民に健康診査やがん検診の受診を呼びかける。
  2. 参加活動
    市町村等が実施する健康づくり事業に参加する。
  3. 広報活動
    地域住民に、健康づくり事業の開催案内の配布や参加を呼びかける。
  4. サポート活動
    健康づくり事業において、受付、準備、片付け等のサポートを行う。
  5. その他
    上記以外で、地域の人達と自主的な健康づくり活動を行う。(運動、体操、サークル活動など)

健康推進員だより1号

表面(PDF形式 973キロバイト)

裏面(PDF形式 903キロバイト)

健康推進員だより2号

表面(PDF形式 1,164キロバイト)

裏面(PDF形式 1,080キロバイト)

健康推進員になるには

健康に関する講習会を受講する必要があります。

  1. 市町村住民の健康及び検診等の状況
  2. 圏域及び市町村の健康課題(討議)
  3. 健康増進計画
  4. 生活習慣病予防
  5. 身体活動・運動(理論と実践)

要綱について

健康推進員制度設置要綱(PDF形式 70キロバイト)
和歌山県では、市町村が地域住民の健康づくり事業を推進するため、健康推進員が行う活動に対し市町村へ助成を行っています。

和歌山県健康推進員活動助成事業実施要綱(PDF形式 49キロバイト)

和歌山県健康推進員活動助成事業補助金交付要綱(PDF形式 105キロバイト)

お問い合わせ先

〒640-8585
和歌山県福祉保健部健康局健康推進課健康対策班
TEL:073-441-2656
電子メール :e0412001@pref.wakayama.lg.jp

このページの先頭へ