風しんに注意しましょう(風しんワクチン接種緊急助成事業)

風しんに注意しましょう:関東地方で風しんの届出数が大幅に増加しています

和歌山県における風しん患者の累計報告数は、平成25年は247例、平成26年は2例でした。
(平成25年の県内の流行は、出産・子育て世代の20歳代から40歳代の男性と20歳代の女性が中心でした。)

風しんは免疫がない人が妊娠初期に感染すると白内障、心疾患、難聴などの障害を持つ先天性風しん症候群の赤ちゃんが生まれる可能性があります。

現在、例年に比較し、関東地方で風しんの届出数が大幅に増加しています。予防接種を受けていない場合、発症の可能性があります。

風しんの予防接種で未来の赤ちゃんを守れます。
特に、妊娠を希望される方は、生まれてくる赤ちゃんを守るためにもワクチン接種をお勧めします。

風しんワクチン接種緊急助成事業(平成30年度末終了予定)

和歌山県では風しんワクチン接種に対する助成制度を継続します(平成31年3月31日に助成は終了予定です)

  1. 助成制度の概要
    妊婦が感染すると子どもに先天性風しん症候群の発生が懸念されます。妊婦とその子どもを風しんから守るため、子育てを支援する緊急対策として、風しんワクチン接種に対する助成事業を実施します。
  2. 内容
    妊娠を希望する女性や妊婦の夫に対し、麻しん風しん混合(MR)ワクチン又は風しんワクチンを接種する場合、接種費用の一部を県が支援します。
    助成期間
    平成30年4月1日から平成31年3月31日まで
    対象者
    (1)19歳以上50歳未満の妊娠を希望する女性
    (2)妊婦の夫
    補助基準
    接種費用のうち、5,000円を上限として県が支援
    実施の形態
    実施主体は市町村。県が支援
  3. その他
    • ワクチン接種を希望する方は、お住まいの市町村窓口へお問い合わせください。
    • 妊婦は風しんの予防接種を受けられません。また、接種後2ヶ月間は避妊が必要です。

リーフレット(PDF形式 181キロバイト)

関連ファイル

このページの先頭へ