狂犬病の輸入感染症例について

新着情報

狂犬病の輸入感染症例について

平成18年11月16日「フィリピンより帰国した男性が現地で狂犬病ウィルスに感染し国内で発症したことが確認された」と厚生労働省が発 表しました。
  日本では、昭和33年以降、動物における狂犬病の発生は認められていませんが、世界各地ではいまだ狂犬病の流行が続いています。
  海外に出かける場合には、以下の点に気をつけてください。

  • 渡航中に動物と不用意に触れあわないこと。

  • 万が一渡航中に流行地域で犬等に咬まれた場合には現地医療機関を受診すること。

  • 犬等に咬まれた場合には、現地医療機関への受診の有無にかかわらず帰国時に検疫所(健康相談室)に相談すること。

〔参考〕

狂犬病について
(厚生労働省ホームページ)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou10/index.html

犬の狂犬病予防注射について
(県食品・生活衛生課ホームページ)
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/031600/80_doubutsu/rabies/rabies.html

このページの先頭へ