不育症検査費助成(令和3年度以降)

和歌山県では、不育症の方の経済的な負担の軽減を図るため、現在、研究段階にある不育症検査のうち、保険適用を見据え先進医療として実施される不育症検査を対象に、検査に要する費用の一部を助成する事業を実施します。

対象となる方

次に掲げる要件を全て満たす方が対象となります。

  1. 申請時点で和歌山県内(和歌山市を除く。)に住民登録していること。
  2. 2回以上の流産、死産の既往がある方
  3. 令和3年4月1日以降に検査を受けた方

助成内容

  • 助 成 額

検査1回につき5万円を限度に助成します。

※検査費用が5万円に満たない場合は、証明書に記載された金額となります。

助成対象経費

  • 「流産検体を用いた染色体検査」に要した費用が対象となります。
  1. 先進医療の実施医療機関として指定された医療機関で実施したものに限られます。
  2. 保険適用されている不育症に関する治療及び検査を、保険診療として実施している医療機関で当該検査を実施した場合に限ります。

申請方法

  1. 申請場所
    検査終了後、申請書に関係書類を添付して、住所地を所轄する保健所又は支所(振興局健康福祉部)に提出してください。
  2. 申請期限
    原則、検査を受けた日の属する年度の3月末までに申請してください。

  申請内容を審査の上、承認を受けた方に対して、口座振込により助成金が支払われます。

申請書類一覧

  1. 和歌山県不育症検査費助成申請書 …申請者がご記入ください。(記載する口座は申請者のもので、住民票の氏名と同じもの)
  2. 不育症検査費助成事業検査受検証明書 …受診した医療機関で記入してもらってください。
  3. 不育症検査結果個票  …受診した医療機関で記入してもらってください。
  4. 夫及び妻の住所を確認できる書類(住民票。申請日時点で発行後3か月以内のもの)
  5. 医療機関発行の不育症検査費用に係る領収書及び明細書の原本
    領収書の原本は必ず窓口にお示しください。原本の返却を希望される場合は、コピーした後、お返しします。)

申請書ダウンロード

1.和歌山県不育症検査費助成申請書(別記第1号様式)

2.不育症検査費助成事業検査受検証明書(別記第2号様式)

3.不育症検査結果個票(別記第3号様式)
 

医療機関一覧

先進医療を実施している医療機関(外部リンク)(クリックすると厚生労働省ホームページに移動します。)

※先進医療A 番号25に記載されている医療機関となります。

申請窓口一覧

お問い合わせ及び申請書の受付窓口は、以下の県立保健所又は支所(振興局健康福祉部)となります。

県立保健所
保健所名 所在地 電話
海草振興局健康福祉部
海南保健所
〒642-0022
海南市大野中939
073-483-8824
那賀振興局健康福祉部
岩出保健所
〒649-6223
岩出市高塚209
0736-61-0049
伊都振興局健康福祉部
橋本保健所
〒649-7203
橋本市高野口町名古曽927
0736-42-5440
有田振興局健康福祉部
湯浅保健所
〒643-0004
有田郡湯浅町湯浅2355-1
0737-64-1294
日高振興局健康福祉部
御坊保健所
〒644-0011
御坊市湯川町財部859-2
0738-24-0996
西牟婁振興局健康福祉部
田辺保健所
〒646-8580
田辺市朝日ヶ丘23-1
0739-26-7952
東牟婁振興局健康福祉部
新宮保健所
〒647-8551
新宮市緑ヶ丘二丁目4-8
0735-21-9629

東牟婁振興局健康福祉部
串本支所
新宮保健所 串本支所

〒649-4122
東牟婁郡串本町西向193
0735-72-0525

不妊治療に関する助成一覧

 「流産検体を用いた染色体検査」以外の不妊治療及び不育症検査に要した費用についての助成に関しては、下記をご参照ください。
 

担当課連作先

こうのとりE-mail: e0412004@pref.wakayama.lg.jp

E-mail QRコード

関連ファイル

このページの先頭へ