介護予防

「介護予防」とは

「要介護状態の発生をできる限り防ぐ(遅らせる)こと、そして要介護状態にあってもその悪化をできる限り防ぐこと、さらには軽減を目指すこと」です。

「介護保険法第4条」では、

「国民は、自ら要介護状態となることを予防するため、加齢に伴って生ずる心身の変化を自覚して常に健康の保持増進に努めるとともに、要介護状態となった場合においても、進んでリハビリテーションその他の適切な保健医療サービス及び福祉サービスを利用することにより、その有する能力の維持向上に努めるものとする。」と規定されています。

和歌山県の取り組み

平成18年度介護保険法改正により、新たに創設された地域支援事業により、市町村が主体となって「運動器の機能向上」や「栄養改善」、「口腔機能の向上」等に資する介護予防事業に取り組むこととされました。

和歌山県では、地域に根ざした「介護予防のまちづくり」の実現を目指し平成16年度から和歌山大学、和歌山県立医科大学など関係機関の協力を得て、本県独自の実践的な介護予防プログラム(わかやま型介護予防プログラム)を開発し、介護予防事業の実施主体となる「市町村」や「地域包括支援センター」等の職員に対しプログラムの実施に係る指導者養成研修を行い県内各地域への普及に取り組んでいます。

介護予防のイメージ図

  1. わかやまシニアエクササイズ(平成16年度から)(PDF形式 5,779キロバイト)
    和歌山県と和歌山大学との共同で「わかやま型」の高齢者向け運動指導プログラム「わかやまシニアエクササイズ」を開発し、市町村が実施する「わかやまシニアエクササイズ教室」を支援。
  2. 口腔機能向上・栄養改善プログラム(平成18年度から)
    県歯科医師会、歯科衛生士会及び栄養士会の協力の下、自立高齢者の栄養改善と口腔機能向上を組み合わせた介護予防プログラムを開発し、歯科医師、歯科衛生士、栄養士を派遣してプログラムにもとづく市町村の介護予防事業を支援。
  3. 認知症予防(認知機能低下予防・支援)プログラム(平成18年度から)
    和歌山県立医科大学の専門的支援の下、自立高齢者向けのわかやま型認知症予防(認知機能低下予防・支援)プログラムを開発し、プログラムに基づく市町村の介護予防事業を支援。
  4. わかやま型高齢者運動器疾患(ロコモ)予防プログラム(平成21年度から)(PDF形式 3,955キロバイト)
    高齢者の大半が抱える運動器疾患(ロコモティブシンドローム)を予防・改善するため、和歌山県立医科大学と連携して「わかやま型」の高齢者向け腰痛予防・改善プログラムを開発し、市町村の介護予防事業を支援。

わかやまシニアエクササイズ教室などの開催・普及状況

  • 平成16年から平成24年
    教室数 859教室、参加者数 16,138人
  • 平成25年
    教室数 117教室、参加者数 1,818人
  • 平成26年
    教室数 121教室、参加者数 1,972人
  • 平成27年
    教室数115教室、参加者数 1,794人
  • 平成16年から平成27年累計
    教室数 1,212教室、参加者数 21,719人
  • 自主グループ数
    グループ数 273グループ、人数 6,510人

「介護予防指導者養成研修」直近三か年の実績

1 市町村職員等研修一覧
1 市町村職員等研修

平成25年
参加者実績

研修日数 平成26年
参加者実績
研修日数 平成27年
参加者実績
研修日数
(1)運動器の機能向上研修
(シニアエクササイズ)
224人 7日 264人 7日 269人 8日
(2)口腔機能向上・栄養改善研修 49人 3日 36人 3日 38人 3日
(3)認知症予防研修 33人 2日 22人 2日 13人 1日
(4)腰痛予防・改善研修
(ロコモティブシンドローム予防)
35人 1日 22人 1日 12人 1日
小計 341人 13日 344人 13日 332人 13日
2 介護予防事業者向け研修一覧
2 介護予防事業者向け研修 平成25年
参加者実績
研修日数 平成26年
参加者実績
研修日数 平成27年
参加者実績
研修日数
(1)運動器の機能向上研修
(シニアエクササイズ)
38人 1日 42人 1日 39人 1日
(2)口腔機能向上研修 49人 1日 20人 1日 58人 2日
(3)栄養改善研修 12人 1日 11人 1日 19人 1日
小計 99人 3日 73人 3日 113人 4日

このページの先頭へ