和歌山県認知症診療相談医療機関とは

和歌山県内の病院又は診療所の中から、認知症の診療が可能な医療機関(下記の定義による)として一般公表することに同意のあった医療機関です。

広く一般に周知することにより、認知症患者及びその家族が地域の医療機関において気軽に相談・受診でき、認知症の早期発見・早期対応を促進するとともに、県で設置している認知症疾患医療センターとの連携等、地域診療体制の構築を図っていくことを目的としています。

定義

以下の(1)から(3)までの要件をすべて満たす医療機関であること

(1)次のいずれかに該当する医療機関である。

  1. 精神科、脳神経外科、神経内科、心療内科
  2. 認知症専門医(認知症の診療に日常的に従事し、認知症診療の経験を十分積んでいる医師)が勤務
  3. 「かかりつけ医認知症対応力向上研修」を修了し、認知症の相談・診断を行う医師が勤務

(2)診療・診断について次の要件を満たしている。

  1. 院内で、問診による簡易な認知機能検査ができる。
  2. 院内または院外で血液・尿・心電図の検査ができる。
  3. 院内または院外でCTやMRIなどの画像検査ができる。(必須要件ではない)

(3)診療の範囲内で、適切な指導や相談、他の関係機関への紹介などの対応が可能である。

「和歌山県認知症診療相談医療機関(市町村別)」(平成27年4月現在)

このページの先頭へ