わかやま紀州館展示運営業務委託プロポーザル

わかやま紀州館における県産品展示運営業務に係るプロポーザルの実施について

 和歌山県が設置するアンテナショップ「わかやま紀州館」物産店舗において、和歌山県産品の展示、紹介、及びそれらに付随する業務を担う事業者を選定するにあたり、プロポーザル参加希望者を募集します。  

1 概 要

(1)委託業務名
 わかやま紀州館における和歌山県産品展示運営業務
(2)業務内容
 わかやま紀州館は和歌山県の物産・観光の魅力を発信する拠点であることに鑑み、県内事業者が生産する県産品の首都圏における認知度向上、販路拡大を支援することを目的として、和歌山県が設置するアンテナショップ「わかやま紀州館」物産店舗において、和歌山県産品の展示、紹介及びそれらに付随する業務とし、詳細は「わかやま紀州館における和歌山県産品展示運営業務」に関する仕様書を参照のこと。

(3)業務場所
 わかやま紀州館(〒100-006 東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館B1F)及び大都市圏において和歌山県がその都度指定する場所
(4)事業実施期間
 令和2年4月1日~令和5年3月31日
(5)委託上限額

 18,150千円(消費税及び地方消費税の額を含む。)

  (令和2年度 上限額 6,050千円) 

  (令和3年度 上限額 6,050千円)

  (令和4年度 上限額 6,050千円)

 令和2年度和歌山県一般会計予算が議決されなかった場合等にあっては、本件業務委託手続について停止の措置を行うことがあります。

 また令和3年度及び令和4年度における県の歳入歳出予算の当該契約金額について、減額があった場合は、契約を変更することがあります。

(6)プロポーザル実施方法

 ア 企画書の提出とプレゼンテーションによる審査を行う。
 イ プレゼンテーションでは、企画書の内容について説明を求める。
 ウ プレゼンテーションにかかる詳細については「わかやま紀州館における和歌山県産品展示運営業務」委託事業者募集要領を参照のこと。
(7)契約予定期間
 令和2年4月1日~令和5年3月31日

2 委託事業にかかる企画書の提出手続きに関する事項

(1)担当課
 和歌山県農林水産部食品流通課
 〒640-8585 和歌山市小松原通1-1
 電話番号    073-441-2815
 FAX番号  073-432-4161
(2)企画書提出期限
 委託事業選考にかかるプロポーザルへの参加を希望する者は、令和2年3月9日(月)17時までに食品流通課あて「わかやま紀州館における和歌山県産品展示運営業務」委託事業者募集要領に定める所定の企画提案書等を提出すること。

(3)その他
 企画書提出にかかる詳細については「わかやま紀州館における和歌山県産品展示運営業務」委託事業者募集要領を参照のこと。

3 標記委託事業に参加できる者は、次に掲げる全ての要件を満たす者であること。

(1)「和歌山県役務の提供に係る条件付き一般競争入札の取扱基準」に準じ、和歌山県役務の提供等の契約に係る入札参加資格者名簿に登載されている者、もしくは現在新規登録申請中であり、業務種目小分野が大会・イベント企画運営を満たしている者。

(2)地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当しない者であること。
(3)和歌山県が行う競争入札に関する指名停止又は資格停止の措置を受けていない者であること。
(4)銀行取引停止処分を受けていない者であること。
(5)国税、県税及び市町村税に未納がない者であること。
(6)会社更生法に基づく更正手続開始の申立て又は民事再生法に基づく再生手続開始の申立てがなされていない者であること。
(7)和歌山県暴力団排除条例(平成23年和歌山県条例第23号)第2条第3号の暴力団員等若しくは同条第1号の暴力団若しくは同条第2号の暴力団員と密接な関係を有する者(第10条において「暴力団関係者等」という。)に該当しない者、又は禁錮以上の刑に処せられ、その刑の執行を終わらない者若しくはその刑の執行を受けることのなくなるまでの者に該当しない者であること。

(8)過去5年間に、国、地域公共団体等と、産品をPR又は販売するイベント業務の契約を締結し、これらすべてを誠実に履行した実績を有する者。 

4  審査結果

 わかやま紀州館県産品展示運営業務委託先選定に係るプロポーザルについて公募を行ったところ、1件の応募がありました。

 令和2年3月16日にプロポーザル審査会を開催し審査した結果、下記のとおり決定しました。

                          記

   【採択事業者】  和歌山県中小企業団体中央会

関連ファイル

このページの先頭へ