リスクコミュニケーション

消費者・生産者・食品事業者及び行政がそれぞれの立場から食の安全・安心に関する相互の理解を深めるためには、リスクコミュニケーション(意思疎通)が重要であり、食に携わる関係者一人ひとりが食の安全・安心について考えることができるような環境づくりが求められています。
県では、食の安全に関するリスクコミュニケーションを推進するため、毎年、県内各地でシンポジウムやタウンミーティングなどを開催しています。
また、「出張!県政おはなし講座」などで県職員が講師として講習会・研修会へお伺いし、食の安全に関する取組についてお話しています。

食の安全シンポジウム

シンポジウム

開催年度

開催日

内容

テーマ

令和元年度 令和2年2月2日 概要 ゲノム編集技術を利用して得られた食品について
平成29年度 平成30年3月1日 概要 知ろう、学ぼう、食物アレルギー

平成28年度

平成29年3月16日

概要

知ろう、学ぼう、食物アレルギー
平成27年度 平成28年2月12日 概要 メタボリックシンドロームの理解とその対策
平成26年度 平成27年3月16日 概要 食品添加物の不安はなぜ生まれるか

食の安全意見交換会

意見交換会一覧

開催年度

概要・テーマ

開催日・開催会場

令和2年度 概要 2月2日 橋本
令和元年度 概要 1月15日 田辺
平成30年度 概要

1月23日 日高

1月25日 岩出

平成29年度

概要 3月27日 和歌山
平成26年度

概要

9月10日 和歌山
9月30日 田辺
平成25年度

概要

2月6日 和歌山

出張!県政おはなし講座

食の安全・安心に関する啓発パンフレット

PDF形式を開きます食の安全・安心知っ得情報(PDF形式 4,644キロバイト)

食の安全・安心知っ得情報パンフ画像

子育て世代の方を対象としたパンフレット「食の安全・安心知っ得情報」を作成し、県内小学校の保護者の方へ配布しています。

このページの先頭へ