園芸施設共済

園芸施設共済とは

ガラス室やプラスチックハウス等が災害等により、一定の基準を超える被害があったときに共済金を支払います。

対象となるもの

  • 特定園芸施設
    野菜・花き等の農作物を栽培するためのガラス室及びプラスチックハウス等
  • 附帯施設
    施設本体に附帯する温湿度調整施設、かん水施設及び排水施設等
  • 撤去費用
    ガラス室及び鉄骨ハウス等で損壊した特定園芸施設

加入できる方

組合の区域内に住所を有し、所有又は管理する施設の設置面積の合計が1アール(ガラス室は0.5アール)以上の農業を営む方です。

支払いの対象となる災害

  • 風水害・雪害・ひょう害・その他気象上の原因(地震・噴火を含む。)による災害
  • 火災及び破裂・爆発
  • 航空機の墜落・車両の衝突

共済責任期間

共済掛金払込後、組合指定の日から1年間です。

共済掛金

共済掛金の半額が国庫負担されます。ただし、国庫負担対象となる共済金額の限度額は16,000万円です。

関連リンク

このページの先頭へ