那賀振興局

新着情報

過去の新着情報一覧へ

報道機関への提供資料一覧へ

今月の一枚

 龍門山頂から

龍門山山頂のキイシモツケと粉河方面の風景

5月下旬から、紀州富士と呼ばれる龍門山山頂付近では、固有種である「キイシモツケ」の花が見頃を迎えています。山頂では、たくさんのハイカーが群生するキイシモツケの花や蝶の姿を楽しみ、お弁当を広げていました。

キイシモツケの花 龍門山頂 蛇紋岩から紀の川を望む

(説明)キイシモツケ

龍門山の蛇紋岩地に生息するバラ科の落葉低木で、近畿途方以北の石灰岩や蛇紋岩地帯に分布するイワシモツケの和歌山県固有変種。母種イワシモツケが広楕円形から円形の葉をつけるのに対し、長楕円形から狭長楕円形の葉をつけることが特徴。龍門山では山頂部を中心にたくさんの個体が生育しているが、それ以外の場所ではほとんど見られないため、環境省のレッドリストで絶滅危惧種(VU)に指定されており、また和歌山県の天然記念物にも指定されている。

各種情報・お問い合わせ先

リンク集

このページの先頭へ