潜水器を用いた水産動植物の採捕禁止について

和歌山県内水面漁場管理委員会指示第2号

 漁業法(昭和24年法律第267号)第67条第1項及び第130条第4項の規定に基づき、潜水器(簡易潜水器を含む。以下同じ。)を用いた水産動植物の採捕について次のとおり指示する。

 令和元年5月21日

                                              和歌山県内水面漁場管理委員会会長 大杉 達

  1. 指示の内容
    県内の内水面(公共用水面に限る。)において、潜水器を用いて水産動植物の採捕をしてはならない。ただし、漁業権に基づき採捕する場合、和歌山県内水面漁業調整規則(平成16年和歌山県規則第55号)第32条第1項の許可を受けた者が採捕する場合又は和歌山県内水面漁場管理委員会の承認を受けた者が採捕する場合は、この限りでない。
  2. 指示する期間
    令和元年6月5日から令和2年6月4日まで

(補足)潜水器とは、水上から空気を送る送気式のものや、圧搾空気を携帯するアクアラング式等の器具のことです。

このページの先頭へ