普及指導計画

普及指導計画とは

和歌山県では国と協同し直接農業者に接して農業経営及び農村生活の改善に関する技術及び知識の普及指導を行う活動により、農業者を育成しつつ地域農業の持続的発展及び農村の振興を図っています。

この普及指導活動を計画的で効果的かつ効率的に実施するため、それぞれの地域における課題や問題点を抽出し、5ヵ年を展望した上で3ヵ年での目指すべき目標を定め、その達成のための活動方法等を示した基本計画及び単年度ごとの普及指導計画を策定しています。

重点プロジェクトとは

普及指導計画のうちで必要性及び緊急性の高い計画については重点プロジェクトとして重点的な取り組みを行っています。

重点プロジェクトの一覧

No

振興局名

重点プロジェクト名

1

海草

重要病害防除対策の普及による果樹間複合経営の安定化

2

那賀

モモ高品質安定生産技術の普及

3

那賀 いちご産地の活性化

4

伊都

柿の優良品種への転換推進

5

有田

有田みかん産地の活性化 ~モデル共選を育成、産地へ波及~

6

日高

梅の高付加価値化と複合経営の推進

7

日高 スターチスの新栽培技術・新品種の導入による産地強化

8

西牟婁

新品種導入による果樹産地の活性化

9

東牟婁

6次産業化による地域の活性化

外部評価結果について

毎年度、普及指導計画の取り組み及び成果の内容については、和歌山県農業改良普及連絡協議会委員により評価を受けて、その結果を公表することとなっています。

このページの先頭へ