ふるさと応援寄附(ふるさと納税)とは

ふるさと応援寄附(ふるさと納税)とは

紀の川の写真
紀の川(国城山から望む)

今、和歌山県にお住まいのみなさん、和歌山県で生まれ育って今は和歌山県を離れているみなさん、みなさんが愛する和歌山県、自分が生まれ育った和歌山県、今も自分の親たちが住む和歌山県を応援してくださいませんか。

また、和歌山県に親しみや共感を持ってくださっているみなさんも一緒に和歌山県を応援してくださいませんか。

ふるさと応援寄附とは、みなさんの居住地や出身地であったり、みなさんが親しみや共感を覚えてふるさとだと思う地方公共団体へ寄附をしていただくことにより、「ふるさとを大切にしたい」、「自分の出身地を応援したい」、「親しみを感じるところを応援したい」という篤い思いを具体化するための制度です。

みなさんがふるさとだと思う地方公共団体へ寄附すると、寄附金の2千円を超える金額について、一定額を上限として税の軽減を受けることができます (下記参照)。 このため、ふるさとに納税したのと同じことになるので、「ふるさと納税」とも呼ばれています。

ふるさと応援寄附を通じて和歌山県の応援をよろしくお願いします。

(補足)適用される上限など条件がありますので、詳しいことは「 寄附金税制について」をご覧ください。

目次

このページの先頭へ