「ふるさと応援寄附」の活用実績

「ふるさと応援寄附」の活用実績

和歌山県では、平成20年度にふるさと納税制度が始まり、皆様から多くの寄附金が寄せられました。 皆様からいただいた寄附金につきましては、本県の特色ある事業に活用させていただき、皆様の思いに真摯にお応えできるよう努めております。
このページでは、これまでの活用実績をご紹介させていただきます。

平成29年度(平成28年度寄附分)活用実績報告

 PDF版はこちら(PDF形式 72キロバイト)

1.世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の保全と活用

寄附金活用金額 16,816千円

  • 熊野参詣道や高野参詣道等の復旧や維持管理のために活用させていただきました。
  • 世界遺産や保全活動を周知啓発するためのイベントや、活用を進めるための施設整備に活用させていただきました。

熊野古道大辺路沿いで来訪者向けのトイレの改修・整備を行いました。

田並駅トイレ写真 画像は改修後のJR田並駅のトイレ

「企業による世界遺産の環境保全活動『道普請』」をテーマにセミナーを実施しました。

メディアカフェセミナーの写真 

参詣道環境保全トレッキングを開催し、一般参加者を募集し熊野古道大辺路の保全活動を行いました。

トレッキングの写真 トレッキング②の写真

2.わかやまの美しい海づくり

寄附金活用金額 3,300千円

  • 和歌山県の海水浴場の整地や海岸保全施設の修繕に活用させていただきました。

片男波海水浴場の整備の写真

画像左側は整備中の片男波海水浴場

画像右側は整備後の利用状況

3.わかやまの文化財の保護

寄附金活用金額 18,800千円

  • 下阿田木神社(日高川町)の覆屋の茅葺屋根葺き替えや旧西村家住宅(新宮市)の保存・整備のために活用させていただきました。

下阿田木神社の茅葺屋根葺き替えの写真 旧西村家住宅の写真

画像左側は下阿田木神社(日高川町)

画像右側は旧西村家住宅(新宮市)

4.学校図書館や県立図書館の蔵書の充実

寄附金活用金額 2,600千円

  • 県立学校図書館の蔵書の充実[1,300千円]

県立全日制高等学校29校の図書購入費の一部として活用させていただきました。

  • 県立図書館の蔵書の充実 [1,300千円]

和歌山県立図書館の蔵書充実の全事業費62,496,000円の一部として活用させていただきました。

なお、本事業全体で、県立図書館本館(和歌山市)は15,323冊、紀南分館(田辺市)は5,214冊の蔵書を充実させました。

5.大切なふるさとの森を守り育てる

寄附金活用金額 3,560千円

  • 松くい虫被害防止対策として、和歌浦天満宮周辺での薬剤の地上散布及び串本町の橋杭岩海水浴場近辺での薬剤の樹幹注入を行うために活用させていただきました。

病害虫防除事業

画像左側は薬剤の地上散布の様子(和歌山市和歌浦天満宮周辺)

画像右側は薬剤の樹幹注入の様子(串本町橋杭岩海水浴場周辺)

その他の寄附金について

「南紀熊野ジオパークの推進」、「がん対策の充実」、「地元企業への就職を促進する奨学金返還支援」、「わかやまのナショナル・トラスト」を使途として指定いただいた寄附金については、ふるさと和歌山応援基金に積立て、平成30年度以降に活用させていただきます。

過去の活用実績

 

関連リンク

このページの先頭へ