タイの押し寿司

紀州おさかな情報ページ

おさかなレシピ

和歌山特産の水産物を使った料理の紹介です。

タイの押し寿司

材料(6人から8人分)

  • 米 5合
  • 水だし昆布
  • 酒 大さじ2
  • タイ 5尾分
  • 塩・酢・甘酢(酢・砂糖)各適量
  • 卵 5個
  • 塩・砂糖 少量
  • 桜デンブ 少量
  • バラン(ラップ)
A
  • 酢 120ミリリットル
  • 砂糖 75グラム
  • 塩 小さじ3弱

作り方

  1. 米を洗って、ざるにあげます。水だし昆布に酒を入れて水加減をして炊飯します。
  2. タイは、うろこと内臓を取って3枚におろし、皮を除き塩をしてしめます。水洗いし塩をとり、酢洗いして削ぎ切りにして甘酢につけます。
  3. 卵は塩・砂糖少々で軽く味付け、錦糸卵にします。
  4. Aの調味料を混ぜます。
  5. 1が炊き上がると、10分ほど蒸らし、半切りに4を少量ふり、ご飯をあけ、残りの4をふり、練らないように混ぜ、冷まします。
  6. 寿司枠にあわせてバラン(ラップ)を切り、5の3分の1を平らにならし入れ、桜デンブ・タイ・錦糸卵をそれぞれ3分の1量を平らに並べます。
  7. 6の上にバランをのせ、6と同様に2段繰り返します。一番上にバランをのせ、しっかりと押します。1段ずつ取り出し、好みの大きさに切り分けます。
(補足)寿司枠が無い場合は、しっかりとした箱や容器にラップを敷いて押してもオーケー
サバやエビ、甘辛く煮た干しシイタケを加えてもおいしく仕上がります。
「ふるさと雇用再生特別基金活用事業・お魚がくしゅう支援プロジェクトより」

関連リンク

このページの先頭へ