足赤えびドン

紀州おさかな情報ページ

おさかなレシピ

和歌山特産の水産物を使った料理の紹介です。

足赤えびドン

材料(1人前)

  • 足赤エビ 1尾(50から70グラムサイズ)
  • きぬさやえんどう 5枚
  • だし汁 100cc分
  • 酒 適量
  • サラダ油 適量
  • 卵 1から2個
  • 玉ねぎ 8分の1個
  • 塩・コショウ 少々
A
  • しょう油 大さじ1と2分の1
  • 砂糖 大さじ2分の1 から1

作り方

  1. 玉ねぎをみじん切りに、きぬさやえんどうは湯がいて斜め切りにします。
  2. エビの頭と胴を切り離します。胴は背開きにし、背わたを取ります。

これらに、酒適量と塩・コショウ少々で味付けして10分間おきます。

  1. エビの尾部を包丁でそぎ、さらに全体の水気をペーパータオルで十分吸い取ります。
  2. 丼用の浅い鍋にだし汁100ccを注ぎ、沸騰したら玉ねぎのみじん切りとAの調味料を投入します。
  3. 玉ねぎが柔らかくなれば、溶きほぐした卵を回しかけるように投入し、好みの硬さになれば丼のご飯の上にのせます。
  4. フライパンにサラダ油をエビの殻が浸かる程度(深さ1センチメートル程度)に入れます。
  5. エビを170度、中火で素揚げします。フタをしながら頭部は時々返します。殻は十分に、身は表面が白くなる程度に揚げます。
  6. 揚げたエビはペーパータオルで余分な油を吸い取り、胴部は食べやすいように1から2センチメートルに切ります。
  7. 最後にきぬさやえんどうを飾り付けてできあがりです。

(和歌山市 宇野様より)

関連リンク

このページの先頭へ