産廃・土砂条例について

産業廃棄物の保管及び土砂等の埋立て等の不適正処理防止に関する条例

廃棄物処理法の改正に伴い「産業廃棄物の保管及び土砂等の埋立等の不適正処理防止に関する条例」の一部が平成23年4月1日に改正されました。

条例改正の内容(PDF形式 54キロバイト)

土壌の汚染及び水質汚濁に係る環境基準についての一部改正に伴い「産業廃棄物の保管及び土砂等の埋立等の不適正処理防止に関する条例施行規則」の一部が平成28年11月8日に改正されました。

(補足)条例施行規則改正の内容(PDF形式 55キロバイト)

規制の対象行為

  • 産業廃棄物の自己物保管
  • 土砂等の埋立て等
    (補足)下表のとおり、一定規模以上のものは届出や許可が必要となります。
規制の対象行為について
対象行為 産廃の一時保管 土砂等の埋立て等
規模要件 100平方メートル以上 すべての埋立て等 3,000平方メートル以上

生じる義務等

届出等

一般規制
(「条例の概要」参照)
許可等

条例・規則等

条例のあらまし

このページの先頭へ