再犯防止の取組について

 和歌山県の刑法犯認知件数は、平成14年以降減少傾向となり、令和2年にはピーク時のほぼ6分の1に減少している一方で、刑法犯の検挙人員に占める再犯者の割合は、5割近い水準で推移し、犯罪や非行の繰り返しを防ぐ再犯防止施策が課題となっています。

 和歌山県ではそのような状況を踏まえ、犯罪をした人たち等が立ち直り、地域社会の一員として、共に生き、支え合う地域共生社会を実現し、その結果として、県民の皆様が犯罪による被害を受けることを防止し、安全で安心して暮らせる和歌山県を目指すため、「和歌山県再犯防止推進計画」を策定しました。

 計画や「再犯防止啓発月間」の詳細につきましては、下記リンクより御覧ください。

                                                 きいちゃん

このページの先頭へ