7月は『再犯防止啓発月間』です!

 全国的に検挙者に占める再犯者の割合が高まっている中、安全で安心して暮らせる社会を築く上で、犯罪や非行の繰り返しを防ぐ取組の重要性が高まっています。このため、平成28年12月に施行された「再犯の防止等の推進に関する法律」(再犯防止推進法)第6条では、7月を再犯防止啓発月間と定め、国民に広く再犯の防止等についての関心と理解を深めることとしています。

 罪を犯した人が、犯罪や非行を繰り返すことなく、再び社会を構成する一員となるよう支援することは、地域の安全・安心な暮らしにつながります。皆様の御理解と御協力をお願いします。

広報啓発活動

 犯罪や非行を犯した者等が社会復帰し、再び犯罪を犯さないのためには、犯罪をしたもの等が社会において孤立することのないよう地域社会の理解と協力が必要です。県では、再犯防止に対する地域社会の関心や理解を高め、誰もが安心して暮らせる社会の実現を目指し、広報啓発活動に取り組んでいます。

 特に7月の「再犯防止啓発月間」には、普段は触れる機会の少ない再犯防止について考えてもらうため、社会を明るくする運動やパネル展示等の取組を実施しています。

 ◎詳しくはこちら→令和4年度再犯防止推進に係る広報啓発活動 

和歌山県再犯防止推進計画

 県では、今年5月、再犯防止推進法第8条に基づき、犯罪をした者が再び罪を犯すことのないよう、社会復帰に繋げるための施策を総合的かつ計画的に推進するため、「和歌山県再犯防止推進計画」を策定しました。

 犯罪をした者が同じ過ちを二度と繰り返すことがないよう、社会の一員として自立した生活を送るためには、国・地方公共団体・民間協力者が一丸となり、「息の長い」支援が必要です。

 様々な生きづらさを抱える犯罪をした者を地域社会の中で孤立させることなく、社会復帰へとつなぐための支援を総合的かつ計画的に推進し、安全で安心して暮らせる社会の実現を、本計画の目的としています。

PDF形式を開きます「和歌山県再犯防止推進計画」概要(PDF形式 193キロバイト)

PDF形式を開きます「和歌山県再犯防止推進計画」本文(PDF形式 1,985キロバイト)

外部リンク(法務省)

○ 法務省再犯防止啓発月間ホームページ

http://www.moj.go.jp/hisho/seisakuhyouka/hisho04_00051.html(外部リンク)

このページの先頭へ