建設業における社会保険等への加入促進について

建設業における社会保険等への加入促進について

  • 平成26年6月に「公共工事の品質確保の促進に関する法律」、「建設業法」及び「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律」の三法が改正され、中長期的な担い手の育成・確保を促進することが規定されました。
    担い手の育成・確保を図るためには、建設業従事者の処遇の改善を図ることが重要であり、県では、下記社会保険等未加入対策を実施しています。
  • 県では、平成27年4月1日以降に入札公告を行う工事において、契約の相手方からの未加入業者の排除、一次下請契約等からの未加入業者の排除、低入札価格調査における未加入業者の排除等のため、下記の通り取り扱うこととします。

平成27年4月1日から平成29年3月31日

平成29年4月1日から

参考(外部サイト)

(補足)一人親方の社会保険加入については、上記リンク先の国土交通省が設置している相談窓口「建設業フォローアップ相談ダイヤル」や「平成29年4月3日付け「社会保険の加入に関する下請指導ガイドライン」における現場入場等の取扱いについて」を参照ください。

このページの先頭へ