紀州材

和歌山県が育んだ良質な木材「紀州材」

和歌山県は県土の77パーセントを森林が占め、そのうち民有林の面積は346千ha(森林面積の95パーセント)です。
現在、民有林面積の61パーセントにあたる209千haが人工林となっており、その齢級構成は11齢級をピークに9齢級以上が約8割を占めるなど利用可能な資源は成熟しています。

和歌山県は古くから「紀州・木の国」と呼ばれ、優れた木材を生み出す林業地として位置づけられてきました。

紀州材は、住宅用の木材として強度や色合い・目合いの良さなどで評価され、「木の家づくり」にふさわしい木材として注目されています。

紀州材に関する各種情報

和歌山県木材利用方針の画像
公共土木工事における木材利用推進指針の画像
紀州材認証システムの画像
公共施設等木造木質化支援事業の画像
紀州材で建てる地域住宅支援事業の画像
紀州材やる気企業の紹介の画像
紀州材製品を扱う木工所一覧の画像
地球温暖化防止と木材利用の画像
木材の特性の画像
紀州材の歴史の画像
紀州材の特性の画像
木造住宅のすすめの画像
木質バイオマス利用の促進の画像
紀州材の各種データの画像
非住宅建築物の木造化促進の画像 紀州材の家づくり協力店登録制度の画像
 

 

このページの先頭へ