環境保全に向けた和歌山県の取組

和歌山県では、「地球温暖化対策の推進に関する法律」に基づいて「和歌山県地球温暖化対策実行計画」を策定し、県の事務事業に伴う温室効果ガス(地球温暖化の原因となっている二酸化炭素やメタンなどの物質)の削減に向けて、二酸化炭素の主な排出要因である電気や燃料の削減について取り組んでいます。
また、和歌山県環境マネジメントシステムを策定し、上記の和歌山県地球温暖化対策実行計画の取り組みに加え、水道やコピー用紙の使用量低減、グリーン購入の促進、公共工事における建設資材リサイクル率の向上など、県の事務事業により発生する環境負荷の低減に努め、その結果を公表しています。
こうした取組は、県の組織自体が大規模な消費者、事業者として環境に及ぼす負荷を低減させることはもとより、県民や事業者の自主的な行動を促すものと考えています。

和歌山県環境マネジメントシステム

  1. 環境方針(PDF形式 75キロバイト)
  2. 対象組織(PDF形式 128キロバイト)
  3. 平成28年度取組実績(PDF形式 457キロバイト)

グリーン購入

  1. 平成30年度和歌山県グリーン購入推進方針(PDF形式 129キロバイト)
  2. 平成30年度和歌山県グリーン購入推進方針別表(PDF形式 1,286キロバイト)

(グリーン購入の取組結果は上記の環境マネジメントシステムの取組実績に記載されています)

資材確認票(様式・記入例)(ワード形式 80キロバイト)

和歌山県電力の調達に係る環境配慮方針

  1. 和歌山県電力の調達に係る環境配慮方針(平成30年)(PDF形式 116キロバイト)

このページの先頭へ