県内の温室効果ガスの排出量削減目標・排出量

和歌山県全体削減目標

 第5次和歌山県環境基本計画(令和3年度3月策定)では、2050年度までに排出量実質ゼロになることを目指し、2030年度までに2013年度対比マイナス30%とすることを目標としています。

 また、2030年度の通過点となる2025年度において、2013年度対比マイナス24%とすることを目標としています。

和歌山県の温室効果ガス排出量について

和歌山県域における温室効果ガス排出量は以下のとおりです。

※過去に発表した排出量の数値について、統計資料の更新等に伴い再算定することがあります。このため、最新の値とは異なることがありますので、過去の排出量につきましても、最新の発表資料からご確認ください。

PDF形式を開きます和歌山県域からの温室効果ガス排出量(2018年度)(PDF形式 1,154キロバイト)

PDF形式を開きます和歌山県域からの温室効果ガス排出量(2017年度)(PDF形式 920キロバイト)

和歌山県域からの温室効果ガス排出量(2016年度)(PDF形式 948キロバイト)

和歌山県域からの温室効果ガス排出量(2015年度)(PDF形式 554キロバイト)

和歌山県域からの温室効果ガス排出量(2014年度)(PDF形式 691キロバイト)

和歌山県域からの温室効果ガス排出量(2013年度)(PDF形式 268キロバイト)

 

事業者としての県庁の削減目標

2050年度までに排出量実質ゼロになることを目指し、2030年度までに2013年度対比マイナス30%

2025年度において、2013年度対比マイナス24%

関連リンク

このページの先頭へ