食品ロスを減らそう

食品ロスとは?

「食品ロス」とは、「まだ食べられるのに捨てられてしまう食品」のことをいいます。

日本においては年間約2,550万トンの食品が廃棄物として排出されていますが、そのうち612万トン(平成29年度推計)が食品ロスだといわれています。これは、全ての国民が毎日お茶碗1杯分(約132g)に相当する量の食品を食べずに捨てている計算になります。
また、このうち家庭から発生した食品ロスが284万トン、事業所から発生した食品ロスは328万トンであり、食品ロスの半分近くが家庭から出ていることになります。


食品ロスを減らすためにできることは?

まず、食品ロスの発生原因について見てみましょう。家庭から出る食品ロスは、大きく3つに分類されます。

  1. 食べ残し:食卓にのぼった食品で、食べきれずに捨てられたもの
  2. 過剰除去:野菜や果物の皮やヘタなどを、本来食べられる部分まで取り除きすぎたもの
  3. 直接廃棄:傷んでしまったり、消費期限が切れたりして、手つかずのまま捨てられたもの

買い物や食材の保存の方法など、毎日の暮らしの中のちょっとした工夫で、食品ロスは減らすことができます。

以下の取組事例を参考に、食品ロスを減らすために、私たちもできることから始めてみませんか。

家庭において

買い物編

  1. 買い物前に、冷蔵庫の中身をチェック
    □買い物の前に冷蔵庫の中の在庫を確認する。
    □あらかじめ献立を考えておく。
    □買い物メモを持って行く。
    □冷蔵庫の中を携帯電話やスマートフォンで撮影するだけでも効果的です。
  2. 使い切れる分だけ買う
    □使う量に応じて、バラ売り、量り売り、少量パックのものを選ぶ。
    □すぐに食べる食品は、賞味期限や消費期限の残り期間が短いものを選ぶ。
「賞味期限」と「消費期限」の違い
賞味期限

「おいしく食べることができる期限」です。

期限が過ぎてもすぐに食べられなくなるわけではありません。

賞味期限を過ぎた食品は、見た目や臭いなどで、食べられるかどうかを個別に判断しましょう。

例)スナック菓子、カップ麺、缶詰、ペットボトル飲料など

消費期限

「安全に食べることができる期限」です。

期限を過ぎたら、食べない方がよいものです。

期限内に食べてしまいましょう。

例)弁当、サンドイッチ、ケーキなど


消費期限と賞味期限の違いを示したグラフの画像
消費者庁:食品の期限表示に関する情報(外部リンク)

調理・食事編

  1. 食材をムダなく使いきる
    □冷蔵庫に残っている食材や傷みやすい食材を先に使う。
    □消費期限が近い食材を見つけたら、その日の献立に使う。
    □野菜、果物の皮やヘタの取りすぎに注意する。
    □一度に食べきれない食材は、下処理をして小分け保存するなど、食材を長持ちさせる工夫をする(食べ忘れに注意)。
    □捨ててしまいがちな皮や茎を使った料理にチャレンジする。
    クックパッド:消費者庁の公式キッチン(外部リンク)
  2. 料理を作りすぎない
    □自分や周りの人の食べきれる量を把握する。
    □レシピを確認しながら作る(分量どおりに作って、うっかり作りすぎを防ぐ)。
  3. 料理を食べきる
    □好き嫌いをしないで、料理を残さず食べる。
    □料理が残ってしまったときは、別の料理にアレンジする。
    □もらいものなどを食べきれない場合は、お裾分けしたりフードバンクなどへ寄付する。
    農林水産省:フードバンク(外部リンク)

飲食店等において

外食編

  1. 料理を食べきる
    □食べられる量に合わせて、小盛りメニューやハーフサイズを注文する。
    □注文時に「少なめでお願いできますか?」と聞いてみる。
    □好き嫌いをしないで、料理を残さず食べる。

宴会編

  1. 適量を注文する
    □幹事さんは、参加者の食べられないものや食べきれる量をあらかじめチェックする。
    □食べきれる量の料理を注文する。
  2. 3010(さんまるいちまる)運動の実践
    □開始後の30分間と終了前の10分間は、席を立たずに料理を楽しむことで、食べきりを実践する。
    □幹事さんは、宴会開始時に参加者に対して呼びかける(幹事さんの呼びかけで、食べ残しの量は激減します!) 。


<呼びかけ例>
(開始時)「これより30 分間は席を離れず、ゆっくりと料理をお召し上がりください。」
(終了10 分前)「間もなくお開きの時間ですが、テーブルの上にはおいしい料理が残っています。お席に戻って、再度料理を楽しみましょう。」 

3010運動普及啓発画像

3010運動を推進するため、環境省が卓上三角柱POPを作成しています。

下記のリンクからダウンロードできますので、様々なシーンで是非ご活用ください。

環境省:3010運動普及啓発用三角柱POP ダウンロードページ (外部リンク)

食品ロスの削減の推進に関する法律

令和元年10月1日に食品ロスの削減を総合的に推進することを目的として食品ロスの削減の推進に関する法律が施行されました。この法律には、「食品ロスの削減」の定義や国、地方公共団体、事業者の責務と消費者等の役割、そしてそれらの多様な主体が連携し、食品ロスの削減を推進するための基本的な方針や施策などが盛り込まれています。
また、国民の間に広く食品ロスの削減に関する理解と関心を深めるために、10月を「食品ロス削減月間」、10月30日を「食品ロス削減の日」と定められています。

消費者庁:食品ロスの削減の推進に関する法律(外部リンク)


全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会について

和歌山県は、「おいしい食べ物を適量で残さず食べきる運動」の趣旨に賛同する地方公共団体により、広く全国で食べきり運動等を推進し、以て3Rを推進すると共に、 食品ロスを削減することを目的として設立された自治体間のネットワークである「全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会」に参加しています。

  • 「おいしい食べきり」全国キャンペーン
    協議会では、令和2年12月から令和3年1月まで 「おいしい食べきり」全国キャンペーンを実施します。
    食品ロスを減らすために、「おいしく残さず食べきろう!」
    農林水産省:外食時の新型コロナウイルス感染症対策のお願い (外部リンク)
  • 外食時だけでなく、テイクアウトするときも、適量を注文して、帰宅後は早めに残さず食べましょう!
    食べきりキャンペーンちらし

PDF形式を開きますおいしく残さず食べきろうチラシ(PDF形式 675キロバイト)

全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会公式ホームページ(外部リンク)

関連リンク

このページの先頭へ