譲渡猫のページ

現在、譲渡できる猫一覧

(注意)下に紹介する猫は、令和6年2月26日(月)串本支所での譲渡会に参加予定です。当日は、動物愛護センターで譲渡できません。

 
茶トラ
雑種・オス・4~6歳
 体重3.35kg(令和6年2月22日測定)・去勢手術済み 
Ca23013
(備考)
人にとても慣れています。
 人の気配を感じると構ってほしくてよく鳴きます。 

キジ
雑種・オス・5~6歳
 体重3.9kg(令和6年2月22日測定)・去勢手術済み 
Ca23014
(備考)
人見知りなところがあり、最初は警戒しますが、
慣れると自分から近寄ってくるようになります。
 撫でられるのは好きですが、たまに甘噛みをしにきます。  

 

  • 健康状態により譲渡できない場合があります。
  • ホームページ更新の関係上、写真を掲載していても、すでに譲渡されている場合があります、ご了承ください。
  • 種・年齢は推定です。
  • 譲渡受付を開始した猫たちに触れあっていただけるのは、過去1年以内に飼い方講習を受講され、飼育環境調査が完了しており、猫の譲渡を希望する方に限らせていただいております。

猫を譲り受けるには

  • 飼い方講習受講と、飼育環境調査(面接)が必要です。
  • 現在飼育されている犬・猫の去勢避妊の状況等、飼育環境によっては譲渡できない場合があります。事前にお電話にてご確認ください。
  • 譲渡の流れ、講習会の日程について、必ずこちらをご確認ください。
  • 譲渡開始予定日にマッチングを予定されている方は、前日までに飼育環境調査を済ませておいてください。
  • 講習会受講後、後日のマッチングを希望される場合は事前にお電話でご連絡ください。(TEL073-489-6500)
  • 正午から午後1時の間はマッチングは行いません。

譲渡猫になるまでの流れ

和歌山県立保健所(和歌山市動物愛護管理センターを除く)および和歌山県動物愛護センターに収容された猫

  1. 選抜
    譲渡対象となる猫を選抜します。
    性格審査:人に対する攻撃性などを見ます。
    身体審査:猫伝染病検査を行います。
  2. 健康管理
    寄生虫の駆虫・伝染病混合ワクチンの接種など行います。
  3. 譲渡

関連ファイル

このページの先頭へ