特定建築物維持管理権原者の方へ

 
 特定建築物の維持管理権原を有する皆様へ(厚生労働省ホームページ) (外部リンク)

 特定建築物維持管理権原者は、環境衛生上良好な状態を維持するために必要な措置について定められた建築物環境衛生管理基準に従い、空気環境の測定を2月以内ごとに1回実施し、貯水槽の清掃を1年以内ごとに1回実施するなどにより、特定建築物の維持管理を行う必要があります。
 建築物環境衛生管理基準は、環境衛生上良好な状態を維持するために必要な措置について定められたものであり、遵守する必要がありますので、空気環境の測定・貯水槽の清掃についても、引き続き定期的に実施してください。
 

 なお、令和2年4月8日付けで厚生労働省医薬・生活衛生局生活衛生課から情報提供があり、当面の間、次のとおりの取扱いを認めることとしました。
〇新型コロナウイルス感染症の集団感染が発生することにより当該特定建築物が利用されない状況になるなどやむを得ない事由があって空気環境の測定・貯水槽の清掃を実施できない場合には、その理由を帳簿等に記録するとともに、実施が可能となった場合は速やかに空気環境の測定・貯水槽の清掃を実施するものとする。

このページの先頭へ