自動車税(種別割)のよくあるお問い合わせ

自動車税(種別割)のよくあるお問い合わせ

(質問1)現在所有していない自動車の納税通知書が届きましたが、どうしてですか

自動車税(種別割)は、毎年4月1日現在の自動車の所有者(ローンによる購入等で所有権が売主にある場合は使用者)の方に課税されます。
4月1日現在でお持ちでない自動車の納税通知書が届いた場合には、3月末までに廃車(抹消登録)や名義変更(移転登録)の登録手続がされていない可能性があります。
登録手続を代理人(自動車販売業者等)に依頼した場合は、代理人に手続が完了しているかどうかを確認してください。
4月1日後に自動車を売ったり、廃車した場合は、(質問2)をご参照ください。

(質問2)年度の途中で自動車を売ったり、廃車した場合、自動車税(種別割)はどうなるのですか

  1. 名義変更(移転登録)した場合
    自動車税(種別割)は、4月1日現在の自動車の所有者(ローンによる購入等で所有権が売主にある場合は使用者)の方に年税額が課税されます。したがって納期限までに年税額をお納めいただくことになります。
  2. 廃車(抹消登録)した場合
    4月から廃車した月までの月割額で自動車税(種別割)が課税されますので、既に年税額を納付されている場合は、年税額と月割額との差額が後日還付されます。
    なお、還付は、通常、特別な手続きなしに、納税者の方へ「公金送金通知書」が郵送されますので、公金送金通知書記載の金融機関で現金をお受け取りください。

(質問3)最近引越しをしたのですが、何か手続は必要ですか

現在の住所を管轄する運輸支局で、自動車検査証(車検証)の住所変更登録の手続をしてください。
運輸支局での手続については、「自動車検査・登録ガイド(国土交通省)をご覧ください。
すぐに、この手続ができない方は、「自動車税(種別割)住所等変更届(和歌山県電子申請システム) 」を提出していただくか、直接、県税事務所にお問い合わせください。

なお、県税事務所に住所変更届を提出いただいても、自動車検査証(車検証)の住所は変更されません。別途上記運輸支局での手続を行ってください。

(質問4)引越しをして住民票を移したのに、自動車税(種別割)の納税通知書が届かないのですが、どうしてですか

自動車税(種別割)の納税通知書は、毎年5月上旬に4月1日現在の自動車の所有者(ローンによる購入等で所有権が売主にある場合は使用者)の方に郵送しています。
住民票を移しただけでは、お持ちの自動車の登録住所は変わりませんので、現在の住所を管轄する運輸支局で、自動車検査証(車検証)の住所変更登録の手続きをしてください。
住所が変わった場合の手続については、(質問3)をご参照ください。

(質問5)自動車は変わっていないのに昨年度と税額が違うのはなぜですか

自動車税(種別割)のグリーン化税制の影響が考えられます。
一定の要件を満たし新車新規登録の翌年度に通常より低い税率(軽課)が適用された自動車であっても、新車新規登録の翌々年度以降は通常の税率が適用されるため、前年度と比べて高くなります。
また、新車新規登録から一定年数を経過すると通常より高い税率(重課)が適用されるため、通常の税率が適用されていた年度と比べて高くなります。
詳しくは、「自動車税(種別割)のグリーン化」をご覧ください。

(質問6)自動車の所有者が死亡してしまった場合、どうすればよいですか

運輸支局で、その自動車を相続した方への名義変更の登録手続をする必要があります。
なお、すぐにこの手続ができない方は、各県税事務所にご相談ください。

(質問7)車が盗難にあい、所在不明にもかかわらず納税通知書が届きましたが、どうすればいいのですか

警察署へ「盗難届」の提出はお済みですか。「盗難届」が受理されていれば、盗難日の翌月から自動車税(種別割)を止めることができます。
警察署への届出年月日、受理番号を確認の上、各県税事務所にご相談ください。

(質問8)自動車の継続検査(車検)に必要な納税証明書を紛失したのですが

自動車の車検(継続検査)の際の運輸支局での自動車税(種別割)の納税確認については、平成27年4月から、電子的に自動車税(種別割)の納税情報を確認できるようになりました。
詳しくは、「自動車税(種別割)の納税確認の電子化」をご覧ください。
納付後すぐに継続検査を受ける場合など、納税証明書が必要な場合は、「納税証明書の交付」をご覧ください。

(質問9)自動車税(種別割)の納税通知書をなくしてしまいました。どうしたら納付できますか

県税事務所または伊都・日高・東牟婁の各振興局にご来所いただき、自動車の登録番号・氏名・住所等をお申出いただければ、その場で納めることができます。
また、電話等で納付書をご請求いただければ、自動車の登録番号、氏名、住所等を確認のうえ送付いたします。
詳しくは、各県税事務所にお問い合わせください。

(質問10)クレジットカードで納付した場合、車検用の納税証明書はどうなりますか

納期限までに「Yahoo!公金支払い(外部リンク)」から納付手続きを行った場合は、概ね約1か月後に、県から納税証明書を郵送しています。

車検等で早急に納税証明書が必要な方は、クレジットカードによる納付は行わず、金融機関、コンビニエンスストアで納付手続きを行って、納税通知書に添付の納税証明書を運輸支局の車検(継続検査)窓口へご提示下さい。
なお、納税証明書を紛失した場合や納期限後にクレジットカードによる納付手続きを行った場合など、車検用の納税証明書が必要な方は、「納税証明書の交付」をご覧ください。

(質問11)納税通知書に「コンビニ取扱期限」と「納期限」が記載されていますが、コンビニで納める場合は、「コンビニ取扱期限」までに納付すればよいのですか

「コンビニ取扱期限」は、納税通知書を用いてコンビニエンスストアで納付ができる期限であり、納期限ではありません。
必ず納期限内に納付をお願いします。

(質問12)自動車税(種別割)の還付請求権の譲渡とはどういうものですか

自動車を抹消登録した場合、1年分納税してある自動車税(種別割)は月割りで還付されます。この場合、自動車税(種別割)は、納税者の方に還付されることになりますが、「自動車税(種別割)過誤納金還付請求権譲渡通知書」(和歌山県電子申請システム) を提出することによって、還付金を受け取る権利を第三者に譲ることができます。
なお、過誤納金還付請求権譲渡通知書を提出した場合であっても、納税者(譲渡人)に未納の徴収金がある場合は、当該未納の徴収金に充当されるため、譲受人に還付されない場合や充当後の残額が譲受人に還付される場合があります。詳しくは各県税事務所にお問い合わせください。

(質問13)中古自動車販売業者が所有する中古商品自動車の減免とはどういうものですか

古物商許可証をお持ちの中古自動車販売業者の方が商品として所有し、かつ、展示し、道路運送車両法第4条に定める登録事項上の所有者及び使用者がともに当該中古自動車販売業者名である自動車について、一定の要件に該当する場合、申請により自動車税(種別割)の減免を受けることができます。
詳しくは各県税事務所にお問い合わせください。

お問い合わせ先

お問い合わせ先(県税事務所一覧)
名称 所在地 管轄区域・TEL
和歌山県税事務所 〒640-8585
和歌山市小松原通一丁目1番地(県庁南別館5階)

和歌山市・海南市・海草郡

総務課:073-441-3394

自動車税・間税課:073-441-3409

紀北県税事務所

〒649-6223

岩出市高塚209(那賀総合庁舎内)

紀の川市・岩出市・橋本市・伊都郡

納税課:0736-61-0010

課税課:0736-61-0067

紀中県税事務所

〒643-0004

有田郡湯浅町湯浅2355-1(有田総合庁舎内)

有田市・御坊市・有田郡・日高郡

納税課:0737-64-1259

課税課:0737-64-1260

紀南県税事務所

〒646-8580

田辺市朝日ヶ丘23-1(西牟婁総合庁舎内)

田辺市・新宮市・西牟婁郡・東牟婁郡

納税課:0739-26-7908

課税課:0739-26-7937

関連リンク

このページの先頭へ