教育長メッセージ

 皆様、こんにちは。

 和歌山県教育委員会教育長の宮﨑 泉(みやざき いずみ)です。

 和歌山県では、平成29年3月に今後10年間の道しるべとなる「和歌山県長期総合計画」を策定し、その中で教育分野の将来像を「未来を拓くひとを育む和歌山」としています。そして、平成30年度からは、「和歌山県長期総合計画」の教育部門計画であり、今後5年間の本県教育の基本的方向やその取組を定めた「第3期和歌山県教育振興基本計画」がスタートしています。

 めざす将来像の実現に向け、子供たちが安全・安心な学校生活を送り、確かな学力、豊かな心、健やかな体の「知・徳・体」を基盤とした、これからの時代をたくましく生き抜く、人間としての総合力を高める教育を実践していきたいと考えています。

 また、全ての人が生涯を通じて自らの人生を設計し活躍することができるよう、生涯学習を推進するとともに、きのくにコミュニティスクールの推進やきのくにICT教育の推進、学びのセーフティネットの構築、教職員の勤務環境の整備など、今日的な課題に対応していくための取組を着実に進めていきます。

 さらに、2021年に開催されるワールドマスターズゲームズ2021関西や紀の国わかやま文化祭2021(第36回国民文化祭、第21回全国障害者芸術・文化祭)、紀の国わかやま総文2021(第45回全国高等学校総合文化祭)を契機として、県内のスポーツ人口の増加や、県民の文化芸術活動への参加促進に取り組み、スポーツや文化芸術の更なる振興を図ってまいります。

 新元号「令和(れいわ)」のもとで新しい時代が始まります。わが国最古の歌集「万葉集」梅花の歌三十二首の序文からの引用であり、国書に基づく元号は確認できる限り初めてであることから、日本の歴史・文化を大切にしようという思いを感じるとともに、引用された序文と県花「梅」の縁に深く思いを致したところです。本県は“神々の棲(す)む国”といわれた熊野、高野山をはじめ、連綿と守り続けてきた自然や文化など数多くの優れた特色をもっています。それらの本県がもつ強みを生かしながら、新しい元号とともに、「和歌山らしい教育」を推進していきたいと考えています。

 このホームページでは、県教育委員会に関する様々な情報を広く発信するとともに、皆様のご意見等をお伺いしています。和歌山の教育の更なる充実・発展のため、ご理解とご協力をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

宮﨑教育長写真

和歌山県教育委員会

教育長 宮﨑 泉