和歌山県教育振興基本計画

計画策定の趣旨

近年、少子高齢化やグローバル化の進展、高度情報化の加速など、社会情勢が大きく変化しているほか、学校や家庭・地域においても、不登校児童生徒数の増加や教員の急激な世代交代、家庭の教育力の低下、地域のつながりの希薄化など、様々な課題が生じています。また、近い将来、南海トラフ地震の発生が予測されており、災害に対する十分な備えが必要とされています。

県においても、2017(平成29)年3月に今後10年間の道しるべとなる「和歌山県長期総合計画」(以下、「長期総合計画」という。)を策定したところであり、その中で教育分野の将来像を「未来を拓くひとを育む和歌山」としています。

こうした中、本県教育のめざす将来像を実現するため、今後5年間の取組として、その方針や重点的に実施する取組をより具体的に定めた「第3期和歌山県教育振興基本計画」を今般、新たに策定しました。

平成30年3月

計画の位置付け

本計画は、「和歌山県長期総合計画」の教育部門計画として位置付けています。また、教育基本法第17条第2項に基づいて定める本県における教育の振興のための施策に関する基本的な計画です。

計画の期間

  • 第3期和歌山県教育振興基本計画(2018年度~2022年度)
  • 第2期和歌山県教育振興基本計画(2014年度~2017年度)
  • 第1期和歌山県教育振興基本計画(2009年度~2013年度)

第3期和歌山県教育振興基本計画(2018年度~2022年度)

※「第3期和歌山県教育振興基本計画」(案)に係る県民意見募集の概要

第2期和歌山県教育振興基本計画(2014年度~2017年度)

第1期和歌山県教育振興基本計画(2009年度~2013年度)

計画の進行管理

本計画に掲げた目標を確実に実現するため、毎年度、取組について客観的に点検・評価を行い、その結果を翌年度以降の取組に反映させています。

→「教育委員会事務の点検及び評価」のページへ