監査委員事務局の概要

組織

監査委員事務局は、監査委員の事務を補助するため地方自治法に基づき設置し、事務局には、事務局長、書記その他の職員を置くと定められています。

  • 事務局長
  • 第一課(課長、副課長、課員10名)
  • 第二課(課長、副課長、課員4名)

(補足)令和4年4月1日現在職員数19名(条例定数23名)

事務分掌

第一課

  1. 定期監査の執行計画樹立に関すること。
  2. 定期監査の結果報告及び公表に関すること。
  3. 定期監査の資料収集に関すること。
  4. 財政的援助団体等に対する監査に関すること。
  5. 住民の請求による監査に関すること。
  6. 外部監査における外部監査人との調整及び結果公表に関すること。
  7. 随時監査に関すること。
  8. 工事監査に関すること。
  9. 総務・予算及び人事管理に関すること。
  10. 公文書の開示に関すること。
  11. 保有個人情報の保護に関すること。
  12. その他任務の達成に必要なこと。

第二課

  1. 現金出納の検査に関すること。
  2. 普通会計の定期監査及び決算審査に関すること。
  3. 公営企業会計の定期監査及び決算審査に関すること。
  4. 基金運用状況の審査に関すること。
  5. 行政監査に関すること。
  6. 選挙権を有する者からの監査請求に関すること。
  7. 議会の請求による監査に関すること。
  8. 県知事の要求による監査に関すること。
  9. 指定金融機関等の監査に関すること。
  10. 職員の賠償責任の有無、賠償額の決定及び意見に関すること。
  11. 健全化判断比率等の審査に関すること。
  12. 内部統制評価報告書の審査に関すること。
  13. その他任務の達成に必要なこと。

関連リンク

このページの先頭へ