測量・建設コンサルタント等業務業者

測量・建設コンサルタント等業務業者

1 入札参加資格審査について

和歌山県が発注する測量・建設コンサルタント等業務を競争入札の方法により受注しようとするときは、あらかじめ、入札参加資格の申請を行い、認定を受けていなければなりません。
なお、政府調達協定に基づき一般競争入札で発注する建設工事に係る委託業務については、個別案件毎に申請していただくことにしておりますので、当該委託業務に対する入札参加資格が公告された後、個別に資格審査することとなります。

2 資格審査申請の受付について

和歌山県では、入札参加資格の有効期間を2年と定めていますので、期間を空けずに認定を受け続けるためには、2年に一度、定期的に入札参加資格審査の申請を行っていただく必要があります。一方、定期の認定期間の中間時に、追加受付を行います。ただし、認定期間の終期は、定期の認定期間の終期と同日になりますのでご留意ください。
定期受付・追加受付以外の随時受付は実施していませんので、受付期間中に必ず申請してください。

平成30年度の追加受付は、終了しました。(受付期間 平成30年1月15日(月)~平成30年1月26日(金)

詳細は申請の手引きをご覧ください。

3 申請の手引き及び申請書類について

4 資格認定について

資格審査申請を行った方については、審査の上、資格を認定します。認定結果については、申請者あてに郵送にて通知いたします。

5 資格認定後の入札参加について

県土整備部が発注する測量業務及び土木関係建設コンサルタント業務については、入札参加条件が示されていますが、基本的に業務の発注は各発注機関(各振興局建設部など)毎に行っています。詳細は各発注機関に直接お問い合わせください。

6 資格認定後の手続きについて

入札参加資格審査申請変更届出書の速やかな提出をお願いいたします
代表者や受任者に変更があった場合、変更届出書を提出いただいているところですが、提出の遅延・未届けが散見されます。
業者の認定状況は、発注機関が参照する大切な情報です。
電子入札利用に係る事項に限らず、代表者その他各手引きに掲載しております事項に変更があった場合は速やかに届け出ていただきますようお願いいたします。
また、届出内容が電子入札システムに反映するのは届出受理の翌日以降となります。
入札公告最終日に応札のため届け出ていただきましても当日中には対応いたしかねますので、余裕をもって届け出ていただきますようお願いいたします。

以下の申請書等については、県土整備部 県土整備政策局 技術調査課に持参あるいは郵送で提出してください。

郵送の場合は、〒640-8585 和歌山市小松原通一丁目1番地 和歌山県庁
県土整備部 県土整備政策局 技術調査課 あて

(1) 入札参加資格審査申請書変更届(測量・建設コンサルタント等業務)

資格審査申請時に届出している事項に変更が有った場合は、この様式と必要書類を提出してください。

注意事項
電子入札用ICカードにかかる情報(電子証明書記載事項(注意))が変更になった場合は、認証局に問い合わせてICカードを再取得し、電子入札システムへ新しいICカードの登録を行ってください。

(注意)電子証明書記載事項:企業の名称、本店の所在地、ICカード利用者の氏名・住所。なお、ICカード利用者は代表者となります。それ以外の名義のICカードは利用できませんのでご注意下さい。

(2)入札参加資格再審査申請書

会社更生法や民事再生法の手続開始申立をした場合は、資格が停止されます。資格を復活させるには、開始決定を受けた後、再審査申請が必要となります。
該当する場合は、必ず事前に技術調査課建設業班に連絡して、内容を確認してから提出してください。

(3)入札参加資格承継

入札参加資格の承継を希望する場合は、要件を満たしていれば承継することができます。以下の「記入の手引き」を参照のうえ必要書類を提出してください。
申請の際には、事前に技術調査課建設業班に連絡してください。

  1. 合併・分割・営業譲渡等による承継申請
    記入の手引き(PDF形式 75キロバイト)
    様式(PDF形式 54キロバイト)
  2. 法人成り・代替わりによる承継申請
    記入の手引き(PDF形式 145キロバイト)
    様式(PDF形式 101キロバイト)

7 入札参加資格に係る要綱等

平成29・30年度入札参加資格審査に適用される基準等

このページの先頭へ