現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 健康推進課 > 和歌山県肝炎ウイルス検査事業の実施について

和歌山県肝炎ウイルス検査事業の実施について

  平成20年3月5日から下記の協力医療機関において、B型及びC型肝炎ウイルス検査を無料で実施しております。
肝炎ウイルスを早期に発見し、早期に治療することで肝がんを予防することができますので、下記の対象者に該当する方は肝炎ウイルス検査を受診しましょう。

対象者

  和歌山県(和歌山市を除く。)在住の20歳以上の肝炎ウイルスに感染していいる可能性が一般の方より高いと考えられる下記の方で、過去に肝炎ウイルス検査を受けたことがない方。

  • 1992年(平成4年)以前に輸血を受けたことがある方
  • 長期に血液透析を受けている方
  • 非加熱凝固因子製剤や1994年(平成6年)以前にフィブリノゲン製剤(フィブリン糊としての使用を含む。)の投与を受けたことがある方
  • 大きな手術を受けたことがある方
  • 臓器移植を受けたことがある方
  • 過去に肝機能異常を指摘されたことがある方(GOT、GPT値が要指導判定)
  • その他(薬物濫用者、入れ墨(タトゥー)をしている方、ボディピアスを施している方等)

※ 医療保険各法その他の法令に基づく事業において、肝炎ウイルス検査の受診の機会のある方及び老人保健事業
(平成20年度以降は健康増進事業)対象者については、それぞれの事業を優先する。

 なお、上記対象者に該当しない方で、過去に肝炎ウイルス検査を受けたことがない方は、県立保健所において無料で相談・検査を受けることができます。

県内の保健所一覧←ここをクリックしてください

肝炎ウイルス検査協力医療機関

※受診を希望される場合は、医療機関に実施日・時間等をご確認の上、受診してください。

 県内市町村別 (PDF形式)

▼市   海草郡 伊都郡
有田郡 日高郡 西牟婁郡 東牟婁郡


検査実施期間

  • 平成27年4月1日~平成28年3月31日

B型肝炎訴訟について

平成23年6月28日、B型肝炎訴訟において、国と全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団の間で「基本合意書」が締結されました。また、平成24年1月13日から「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」が施行されました。これにより、裁判上の和解が成立した方に対しては、国からの給付金が支給されることになりました。

詳しい内容に関するお問い合わせ等は厚生労働省ホームページをご覧ください。

リンク先

 

 

※PDFファイルの閲覧・印刷には、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です。 お使いのパソコンにAdobe Readerがインストールされていない場合は、ソフトウエアをダウンロードし、インストールしてください。