林業経営コース研修方針

研修方針

 和歌山県農林大学校林業研修部林業経営コースは、林業への新規就業希望者等を対象に森林・林業経営学の基礎を身につけ将来林業経営を担える人材、実践的な技術や知識を身に付けて第一線で活躍できる人材、多面的でかつ幅広い視野を持った人材の育成を目的とし、これを推し進めるため以下の方針に基づき研修を実施する。

1 アドミッションポリシー(研修生受入方針)

 林業は、木材生産はもとより環境保全など多面的機能を有しており、また地域の主要産業の一つであります。その林業に活力を与えそして新たな価値を創造するとともに、和歌山県林業を振興するため地域リーダーとして活躍できる意欲と能力を持った人材を育成します。

 このために、次のような研修生を求めています。

 (1)林業に興味があるとともに大きな夢を持っている人。

 (2)和歌山県の林業振興に寄与したいと考えている人。

 (3)木材の生産技術だけでなく、消費ニーズや国際情勢、経営など幅広い知識と技術の修学に積極的な人。

 (4)自然環境などの保全、持続的活用に留意した林業生産活動に興味のある人。

 (5)規律ある態度を涵養し、自立性、協調性等豊かな人間形成に努力する人。

 (6)高等学校教育課程における基礎学力を備えている人。

2 カリキュラムポリシー(編成・実施の方針)

 林業研修部林業経営コースの研修理念である『林業に活力を与えそして新たな価値を創造するとともに、和歌山県林業を振興するため地域リーダーとして活躍できる意欲と能力を持った人材を育成する』ことを実現するため、次のようなカリキュラムを提供します。

  (1)林業に関する基礎的教科を教授しそれを具現化するために、実践力を重視した高度な技術研修を行います。    

  (2)林業を取り巻く広範な情報や技術を提供するために、実務者による講義、講演インターンシップなどを通じ各種業種を知るための実践的カリキュラムを提供します。

  (3)林業の生産や経営に有為となる資格の取得を促します。

  (4)コミュニケーション力やプレゼンテーション能力を高めるための研修を取り入れます。

目指せきのくにフォレスター

このページの先頭へ