奨学のための給付金(和歌山県高校生等奨学給付金)早期申請について

制度の概要(国公立学校) ※私立の高等学校等に在学されている世帯は、 文化学術課学術振興班(073-441-2098)までお問い合わせください。

和歌山県では、高校生等の授業料以外の教育費負担を軽減するため、以下の要件に該当される世帯に、 返還の必要のない『奨学のための給付金』を支給し ます。

令和2年度に入学された方で、給付金の早期給付を希望する方は、申請してください。

この給付金を受け取るには、令和2年(2020年)4月1日現在の世帯の状況に基づいて申請の手続きが必要になります。

早期給付を希望されない方は、7月から通常申請の受付が開始されますので、忘れずに申請をお願いします。

支給対象者

令和2年(2020年)4月1日現在、次の全てに該当している世帯

  1. 生徒が令和2年度入学者であること。
  2. 生徒が高等学校等就学支援金(認定を受ければ授業料を負担する必要がない制度)の支給を受ける資格を有する者であること。
  3. 保護者(親権者)等が生活保護(生業扶助が措置されている世帯)を受給している(以下、生活保護受給世帯)又は令和元年(平成31年)度(平成30年分)の道府県民税所得割及び市町村民税所得割が非課税(0円)であること(以下、非課税世帯)。
  4. 保護者(親権者)等が和歌山県内に住所を有していること。
    ※保護者(親権者)等のいずれか一方が他の都道府県に在住している場合は、生活の本拠が和歌山県内にある世帯で、かつ、他の都道府県に対し『奨学のための給付金』を申請しない場合に限り、申請できます。

    ※保護者(親権者)等が和歌山県外に住所を有している場合は、在住都道府県にお問い合わせ下さい。

  5. 生徒が高等学校等就学支援金の対象である学校(国公立高等学校、高等専門学校(第1~第3学年))に在学していること(特別支援学校の高等部除く)。

支給額

対象世帯区分

課程別 支給額(年額) 支給額(4~6月分)
1

生活保護受給世帯

全日制・定時制・通信制 32,300円 8,075円
2

非課税世帯

(区分1除く。)

当該世帯に扶養されている高校生等(生徒本人)

以外に15歳(中学生を除く。)以上23歳未満の扶養

されている兄弟姉妹

全日制・定時制

84,000円 21,000円

通信制

36,500円

9,125円

3

全日制・定時制

129,700円 32,425円

通信制

36,500円

9,125円
4 生活保護・非課税世帯 専攻科 36,500円 9,125円

※世帯区分については、令和2年4月1日現在の状況で判断し、扶養していることは、健康保険証の被保険者(組合員)氏名が保護者(親権者)であることで判断します。

※「扶養されている兄弟姉妹」は、保護者(親権者)等に扶養されている必要があり、保護者(親権者)等以外の者に扶養されている場合は、該当しません。

※令和2年度は、15歳以上23歳未満の扶養されている兄弟姉妹の生年月日は、 「年齢計算に関する法律」等により平成9年4月3日以降平成17年4月2日になります。

※私立の高等学校等に在学されている世帯は、文化学術課学術振興班(073-441-2098)までお問い合わせください。

申請手続

  • 県内の学校に在学している場合

「申請書」に下記1から3に該当する書類を添えて申請してください。(2人以上の対象生徒がいる場合、それぞれの生徒ごとに申請が必要です)
PDF形式を開きます県内学校用案内(PDF形式 454キロバイト)

受給申請書(PDF形式 231キロバイト) 

扶養誓約書(PDF形式 47キロバイト)

PDF形式を開きます受給申請書記載例(PDF形式 664キロバイト)
 

  • 県外の学校に在学している場合

「申請書」及び「在学等証明書」 に下記1から3に該当する書類を添えて申請してください。(2人以上の対象生徒がいる場合、それぞれの生徒ごとに申請が必要です)

PDF形式を開きます県外学校用案内(PDF形式 426キロバイト)

受給申請書(PDF形式 231キロバイト) 

在学等証明書(PDF形式 70キロバイト)

扶養誓約書(PDF形式 47キロバイト)

PDF形式を開きます受給申請書記載例(PDF形式 664キロバイト)

  1. 生活保護受給世帯

添付書類:「生活保護受給証明書の原本(発行日が令和2年4月1日以降のもの)

※令和2年4月1日現在、生業扶助が措置されていることがわかるもの

  1. 非課税世帯【第1子】(3の場合は除く。)

添付書類:保護者(親権者)等全員の「課税証明書(コピー可)

※高等学校等就学支援金の届出書等に添付しているものとは別に提出が必要です。

  1. 非課税世帯で、当該世帯に扶養されている高校生等(生徒本人)以外に15歳(中学生を除く。)以上23歳未満の扶養されている兄弟姉妹がいる世帯【第2子以降】

添付書類: (1)保護者(親権者)等全員の「課税証明書(コピー可)」       

※高等学校等就学支援金の届出書等に添付しているものとは別に提出が必要です。

(2)当該世帯に扶養されている高校生等(生徒本人)を除き15歳(中学生を除 く。)以上23歳未満の扶養されている兄弟姉妹の「健康保険証の写し

※令和2年4月1日現在の状況がわかる保険証が必要です。(対象者が複数いる場合は1名分のみ提出してください。) 

(3)上記(2)の健康保険証に扶養している保護者(親権者)等(被保険者)の氏名等が記載されていない場合又は国民健康保険に加入している場合「扶養誓約書

※健康保険証と併せて提出が必要です。

申請期限


令和2年5月29日(金)まで

申請書類の提出先

県内の学校に在学している場合:学校へ提出してください。

県外の学校に在学している場合:県へ提出してください(郵送又は持参も可)。

※郵送の場合は令和2年5月29日(金)の消印有効。

支給方法・時期

提出された申請書類等を審査後、支給の可否を決定し、その結果を通知します。

支給時期は、令和2年8月中を予定しています。

※学校別に振込をしますので、兄弟姉妹が別高校に在学する場合、振込時期が異なることがあります。

その他

偽りその他不正の手段により給付金を受給しようとし、又は受給したとき及び、明らかに給付金を支給の目的以外の目的に使用したと認められるときは返還を求めることがあります。

各種様式(ダウンロード)

申請事項変更届(PDF形式 75キロバイト)

関係条文

 和歌山県高校生等奨学給付金(奨学のための給付金)交付要綱(PDF形式 203キロバイト)

問い合わせ先(県外国公立学校提出先) 
〒640-8585 和歌山市小松原通一丁目1番地
和歌山県教育庁生涯学習局生涯学習課奨学班
  電話番号 073-441-3758 又は 073-441-3728

関連ファイル