建設業を営む者に対する監督処分基準について

建設業を営む者に対する監督処分基準について

この基準は、建設業法第3条第1項の許可を受けて建設業を営む者及び許可を受けないで建設業を営む者による不正行為等について、和歌山県知事が定めた監督処分を行う場合の基準です。建設業者等の行う不正行為等に厳正に対処し、もって建設業に対する県民の信頼確保と不正行為等の未然防止に寄与することを目的としています。

(補足)

社会保険未加入対策として平成24年5月1日に建設業法施行規則等関係法令が改正されたことを受けて、上記監督処分基準を一部改正しました。今回の改正事項については平成24年11月1日以後に行われた行為等について適用します。

このページの先頭へ