社会資本総合整備計画(社会資本整備総合交付金)

社会資本整備総合交付金について

社会資本整備総合交付金は、国土交通省所管の地方公共団体向け個別補助金を一つの交付金に原則一括し、地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を行かせる総合的な交付金として平成22年度に創設されました。
社会資本整備総合交付金は、地方公共団体が作成した社会資本総合整備計画に基づき、目標実現のための基幹的な社会資本整備事業のほか、関連する社会資本整備やソフト事業を総合的・一体的に支援するため、国が地方公共団体に交付するものです。

社会資本総合整備計画について

地方公共団体等が、社会資本整備総合交付金を充てて事業を実施しようとする場合には、社会資本総合整備計画を作成し、国土交通大臣に提出することとなっています。
また、社会資本総合整備計画を作成したときは、これを公表することになっています。

社会資本総合整備計画の公表

和歌山県では、以下の下水道事業に関する社会資本総合整備計画を作成しています。

和歌山県における安全・安心、快適な暮らしの実現と良好な環境の実現(PDF形式 70キロバイト)

和歌山県における安全・安心、快適な暮らしを支える防災環境の形成と予防保全の推進(防災・安全)(PDF形式 66キロバイト)

和歌山県における安全・安心、快適な暮らしを支える重要施設の地震対策の実施(防災・安全)(PDF形式 58キロバイト)

和歌山県における安全・安心、快適な暮らしの実現と良好な環境の実現〔第2期〕(PDF形式 34,783キロバイト)
和歌山県における安全・安心、快適な暮らしを支える防災環境の形成と予防保全の推進〔第2期〕(防災・安全)(PDF形式 9,200キロバイト)
和歌山県における快適な暮らしの実現と良好な環境の実現(重点計画)(PDF形式 61,986キロバイト)

社会資本総合整備計画の事後評価(過去の整備計画)

このページの先頭へ