大規模盛土造成地マップ

大規模盛土造成地マップについて

はじめに

今後、県内で想定される南海トラフ地震等に備え、県民の皆様に大規模盛土造成地が身近に存在するものであることを知っていただき、防災意識を高めて、災害の事前防止や被害の軽減につなげることを目的として、県内の各市町村が大規模盛土造成地マップの作成に取り組んでいるところです。これまでに和歌山市、海南市、橋本市、田辺市、紀の川市、岩出市、新宮市、九度山町、高野町、有田川町、みなべ町、日高川町、那智勝浦町、白浜町、上富田町、太地町及び串本町の7市10町が大規模盛土造成地マップを作成し、関連するホームページに公表しております。

大規模盛土造成地とは

山の斜面や谷間に盛土を行い、大規模に造成された盛土造成地には「谷埋め型」と「腹付け型」の2つのタイプがあります。

谷埋め型大規模盛土造成地

盛土の面積が3,000平方メートル以上。

腹付け型大規模盛土造成地

盛土する前の地盤面の水平面に対する角度が20度以上で、かつ、盛土の高さが5メートル以上。
 

大規模盛土造成地の画像

(出典 国土交通省「宅地防災 大規模盛土造成地の滑動崩落対策について」)

大規模盛土造成地の抽出・マップ作成方法

造成前と造成後の地形図を重ね合わせることにより、大規模盛土造成地の概ねの位置や規模を抽出し、マップとします。
 

地形図重ね合わせの画像
(出典 国土交通省「わが家の宅地安全マニュアル」)

大規模盛土造成地マップ公表済み県内市町村一覧表(平成30年6月28日現在)

市町村名

担当課

公表時期

リンク先

和歌山市

都市計画課

平成26年2月

和歌山市(大規模盛土造成地マップについて)ホームページ(外部リンク)
海南市 都市整備課 平成30年6月 海南市(大規模盛土造成地マップについて)ホームページ(外部リンク)
橋本市 まちづくり課 平成30年3月 橋本市(大規模盛土造成地マップについて)ホームページ(外部リンク)
田辺市 都市計画課 平成30年4月 田辺市(大規模盛土造成地マップについて)ホームページ(外部リンク)
紀の川市 都市計画課 平成30年2月

紀の川市(大規模盛土造成地マップについて)ホームページ(外部リンク)

岩出市

都市計画課

平成29年9月

岩出市(大規模盛土造成地マップについて)ホームページ(外部リンク)

新宮市 都市建設課 平成30年6月 新宮市(大規模盛土造成地マップについて)ホームページ(外部リンク)

九度山町

建設課

平成28年12月

九度山町(大規模盛土造成地マップ)ホームページ(外部リンク)
高野町 建設課 平成30年3月 高野町(大規模盛土造成地マップ)ホームページ(外部リンク)
有田川町 建設課 平成30年3月 有田川町(大規模盛土造成地マップ)ホームページ(外部リンク)
みなべ町 建設課 平成29年10月 みなべ町(大規模盛土造成地マップ)ホームページ(外部リンク)

日高川町

企画政策課

平成29年1月

日高川町(大規模盛土造成地の公表について)ホームページ(外部リンク)
白浜町 建設課 平成30年6月 白浜町(大規模盛土造成地マップについて)ホームページ(外部リンク)
上富田町 産業建設課 平成30年6月 上富田町(大規模盛土造成地マップ)ホームページ(外部リンク)

那智勝浦町

建設課

平成29年1月

那智勝浦町(大規模盛土造成地マップ)ホームページ(外部リンク)

太地町

産業建設課

平成29年2月

太地町(大規模盛土造成地マップ)ホームページ(外部リンク)

串本町

建設課

平成29年4月

串本町(大規模盛土造成地マップについて)ホームページ(外部リンク)

(補足)

  • 大規模盛土造成地マップは、各市町村において作成しています。
  • 有田市、御坊市、紀美野町、かつらぎ町、湯浅町、広川町、美浜町、日高町、由良町、印南町、すさみ町、古座川町、北山村の13市町村につ いては、各市町村の調査により大規模盛土造成地は確認されませんでした。
  • 公表されたマップは大規模盛土造成地の概ねの位置と規模を示すものであり、マップに示された箇所が地震時に必ずしも危険というわけではありません。
  • 詳細については、各市町村にお問い合わせください。

大規模盛土造成地に関する質問・回答

質問1

県内の各市町村が大規模盛土造成地マップを公表した目的は何ですか。

回答1

今後、県内で想定される南海トラフ地震等に備え、県民の皆様に大規模盛土造成地が身近に存在するものであることを知っていただき、防災意識を高めて、災害の事前防止や被害の軽減につなげることを目的としています。

質問2

大規模盛土造成地とはどのような造成地ですか。

回答2

山の斜面や谷間に盛土を行い、大規模に造成された盛土造成地には「谷埋め型」と「腹付け型」の2つのタイプがあります。

  • 谷埋め型大規模盛土造成地(盛土の面積が3,000平方メートル以上。)
  • 腹付け型大規模盛土造成地(盛土する前の地盤面の水平面に対する角度が20度以上で、かつ、盛土の高さが5メートル以上。)

質問3

公表された大規模盛土造成地マップでは、自分の敷地が大規模盛土造成地に含まれているのか分からないため、詳細な図面はありませんか。

回答3

詳細は、各市町村にお問い合わせください。

質問4

大規模盛土造成地マップに示されている箇所は危険ということですか。

回答4

公表された大規模造成地マップは、造成前と造成後の地形図を重ね合わせて、大規模盛土造成地の概ねの位置と規模を示したものであり、 盛土の危険度を示したものではありません。そのため、マップに示された箇所が地震発生時に必ずしも危険というわけではありません。

質問5

宅地に大規模盛土造成地が含まれている場合、何か対策を講じなければなりませんか。

回答5

公表された大規模造成地マップは、必ずしも危険な箇所を示したものではないため、大規模盛土造成地であることをもって対策が求められるものではありません。しかしながら、盛土造成地であることを認識し、日頃から地盤、斜面及び擁壁に関心をお持ちいただきたいと考えています。

質問6

大規模盛土造成地に建物を建築する場合や建物の建替えをする際に、何か特別な手続きや条件が付くことはありますか。

回答6

大規模盛土造成地に入っているだけで、建物の建築や建替えに際して特別な手続きが必要になったり、特別な条件が付いたりすることはありません。

宅地の耐震化に関するリンク先

国土交通省(宅地防災ホームページ)(http://www.mlit.go.jp/toshi/toshi_tobou_fr_000004.html)(外部リンク)

国土交通省(わが家の宅地安全マニュアル)(http://www.mlit.go.jp/crd/pamphlet.html(外部リンク))

このページの先頭へ