都市再生整備計画事業[都市構造再編集中支援事業]

事業の概要

都市再生整備計画事業とは、地域の歴史・文化・自然環境等の特性を活かした個性あふれるまちづくりを実施し、地域住民の生活の質的向上と、地域経済・社会の活性化を図るための制度です。

市町村が事業主体となり、従来の補助制度等に基づくハード整備だけでなく、市町村の提案に基づく事業を含め、幅広い事業が交付対象となります。

また、令和2年度より都市再生整備計画事業制度の再編により、「都市構造再編集中支援事業」が創設されました。

この事業は、人口・世帯減少の本格化、自然災害の頻発・激甚化など、経済社会情勢の大きな変化に直面するなか、各都市が持続可能で強靱な都市構造へ再編を図る必要があることから、市街地の拡散や災害ハザードエリアへの立地を抑制した上で、都市の限られた資源を効果的・効率的に活用し、期間と区域を定めた一体的・集中的なまちづくりを推進するため、立地適正化計画に基づき、市町村や民間事業者等が行う一定期間内の都市機能や居住環境の向上に資する公共公益施設の誘導・整備、防災力強化の取組等に対し、集中的な支援を行うことを目的としています。

県内の実績

和歌山県内では、これまで14市町29地区において本事業が活用されています。
現在、事業実施中の地区は以下のとおりです。


●都市再生整備計画事業

和歌山市(和歌の浦地区)
事業内容 『絶景の宝庫・和歌の浦』の歴史・景観を地域の誇りと活力につなげるまちづくり
事業期間 平成30年度から令和4年度
橋本市(御幸辻地区第2期)
事業内容 公園を活用した安全で活力あるまちづくりの実現
事業期間 平成28年度から令和3年度
広川町(稲むらの火街道沿線地区)
事業内容 「広川町」の「稲むらの火」に代表される特有の歴史的資源を活かした観光周遊の創造と生活環境向上による魅力的で活気あるまちづくり
事業期間

平成30年度から令和4年度


●都市構造再編集中支援事業

和歌山市(和歌山市中心拠点再生地区)
事業内容 拡散型都市からの脱却によって中心部からの人口流出の抑制をめざし、本市の都市MPで掲げる将来都市像である多極ネットワーク型コンパクトシティの実現を図る。
事業期間 平成28年度から令和2年度 ※令和2年度から都市構造再編集中支援事業に移行
有田市(有田市中心市街地地区第2期)
事業内容 社会環境の変化と基盤整備に対応した安心・快適・賑わいを基軸とした都市機能の再整備
事業期間 令和2年度から令和6年度
新宮市(中心市街地地区)
事業内容 公共施設跡地を利用した中心市街地の再生
事業期間 平成26年度から令和2年度 ※令和2年度から都市構造再編集中支援事業に移行
湯浅町(中心市街地及び熊野古道沿線地区)
事業内容 「湯浅」の歴史的資源を活かし、都市機能と生活環境向上による魅力的で快適なまちづくり
事業期間

平成29年度から令和3年度 ※令和2年度から都市構造再編集中支援事業に移行

和歌山市(砂山・今福地区第2期)
事業内容 誰もが安全で安心し、末永く心豊かに暮らせる魅力ある居住環境の創出と、ふれあいあふれる住民主体のまちづくり活動の確立
事業期間

令和2年度から令和6年度

関係するホームページ

このページの先頭へ