景観支障防止条例

景観支障防止条例について(施行日 平成24年1月1日)

 平成23年6月30日、定例県議会で「建築物等の外観の維持保全及び景観支障状態の制限に関する条例(通称:景観支障防止条例)」が可決・成立しました。
 この条例は、著しく劣悪な景観により県民の生活環境が阻害されることを防止するため、建築物等が廃墟化し景観上支障となることを禁止し、そのような廃墟については、周辺住民からの要請をもって除去などの措置を行わせることが可能とすることを定めています。

景観支障防止条例の主な内容

廃墟にさせないための最低限の規範
建築物所有者等の責務 建築物について、周辺の良好な景観に支障となる廃墟とならないよう維持保全に努めなければなりません。
建築物等の状態規定 建築物等が特に著しい破損、腐食等が生じており、周辺の良好な景観と著しく不調和な状態(景観支障状態)となることを禁止します。
周辺住民からの要請に基づく命令等
周辺住民からの要請 景観支障状態にある廃墟の周辺住民は、除去などの処置をとるよう共同で知事に要請することができます。
(補足)周辺70メートルの範囲の居住者及び土地所有者の3分の1以上により共同で行う必要があります。
除去などの勧告 知事は、必要と認められれば、除去などの処置をとるよう勧告を行います。
除去等の命令 知事は、勧告に従わない場合で特に著しい桂冠支障状態のものについては命令を行います。
命令に従わない場合 行政代執行も可能

(補足)

 除却等の費用は、所有者等の負担です。

 命令したことを、標識やインターネット等により公表します。
 

 平成27年9月18日、条例に基づく命令を行いました。

  • 景観支障防止条例に基づく命令の実施について(東牟婁郡那智勝浦町勝浦88-16)

景観支障防止条例について

景観上特に重要な地域については、市町村長からの要請が可能

(補足)景観上特に重要な地域:特定景観形成地域内の世界遺産のバッファゾーン、国道168号及び311号沿道
 

 平成28年6月28日、条例及び施行規則を改正しました。

このページの先頭へ