宅地建物取引士証交付申請

宅地建物取引士証交付申請

  • 各書面の符号の意味
    「□」 所定の様式(所属の協会等で入手)
    「△」 官公庁の証明
    「○」 手元保管又は各自作成
  • 注意事項
  1. 顔写真は、カラー写真で交付の申請前6か月以内に撮影した無帽・正面・上半身・無背景(ポラロイド及びカラーコピーは不可。デジタルカメラの場合は、高解像度で写真印刷専用紙にプリントしたものは可。)であること。サイズは、縦3.0センチメートル、横2.4センチメートル。

必要書類

申請書

□ 宅地建物士証交付申請書(様式7-2-2)

(注意)和歌山県証紙4,500円を貼付。

添付書類及び注意事項

交付申請書に顔写真を貼付のこと。
○ 顔写真は、交付申請書貼付分以外に2枚提出。

合計3枚必要

法定講習の受講について

宅地建物取引士資格試験合格から1年以上経過している場合、取引士証の交付を受けるには、申請前6ヶ月以内に和歌山県知事の指定する法定講習を受講しなければなりません。

講習の申込については、指定講習実施機関の公益社団法人和歌山県宅地建物取引業協会(外部リンク)(外部リンク)へお問い合わせください。

 なお、平成30年11月30日付で、公益社団法人全日本不動産協会を法定講習実施機関として指定しました。当法人については、平成31年度より法定講習の実施を予定していますのでお知らせします。

申請書のダウンロード

様式

届出方法について・チェックリスト

このページの先頭へ