平成30年住生活総合調査について

1.調査の目的・沿革

 住生活総合調査は、全国の普通世帯の住宅及び居住環境に対する評価、住み替え・改善意向の有無と内容、住み替え・改善の実態等を把握することにより、住宅政策の基礎的資料を得ることを目的に実施されています。

 平成15 年までは、「住宅需要実態調査」として継続的に実施してきたもので、昭和48 年以降は、住宅や世帯の実態を把握する住宅・土地統計調査(総務省実施)と同年に、5年周期で実施してきました。平成20 調査から、住宅・土地統計調査との連携を強化し「住生活総合調査」と名称を改め実施しています。

2.主な調査項目

 ○ 住宅及び居住環境に対する評価

 ○ 今後の住まい方の意向

 ○ 住宅及び居住環境の個別要素に対する評価

 ○ 家族構成別に見た住宅及び居住環境の評価と住み替え・改善意向

 3.調査の方法

 平成30年12月1日現在を調査時点として実施されました。11月下旬に、ポスティングにより調査票を配布し、郵送またはオンラインにより回収する方法により行われました。

4.結果の公表

 数ある調査結果のうち、和歌山県での「住宅・住環境に対する満足度」「子育て・高齢者世帯の住まい方」の概要を紹介します。また、調査結果については国土交通省のHPで調査報告書を、政府統計ポータルサイト「e-Stat」で統計表をご確認いただけます。


 平成30年住生活総合調査結果概要(和歌山県版)

 国土交通省HP「平成30年住生活総合調査の調査結果(確報) 」(外部リンク)

 政府統計ポータルサイト「e-Stat」 平成30年住生活総合調査(外部リンク)

関連ファイル

このページの先頭へ