県内における盛土の総点検について(令和3年9月13日更新)

 最優先すべき流域内の現地点検箇所とそれ以外の区域における盛土箇所の抽出が完了 

 県では、7月3日に静岡県熱海市で発生した大規模な土石流災害を踏まえ、盛土の総点検を実施しています。具体的な進め方は、土砂災害警戒区域(土石流)とその流域を先行して、盛土箇所の抽出や現地点検箇所の特定などを行っています。

 今般、県下全域において盛土されたとして5,834箇所が抽出されました。そのうち、土砂災害警戒区域(土石流)とその流域内に対して現地点検すべき箇所として76箇所抽出しました(関連ファイル参照)。

 今後も計画的に盛土総点検を推進してまいります。


【今回の抽出箇所の概要】

         土砂災害警戒区域(土石流)とその流域  左記以外の地域     合計     

 盛土箇所数          838箇所         4,996箇所      5,834箇所

 現地点検箇所数         76箇所          調査中        ー


〇県民の皆様へのお願い

 盛土箇所を漏れなく抽出するため、住民の皆様からの情報提供も引き続き受け付けています。

 ・連絡先

  県土整備部河川・下水道局砂防課  073-441-3171(直通)

  環境生活部廃棄物指導室     073-441-2681(直通)

  農林水産農林水産総務課     073-441-2685(直通)

関連ファイル

このページの先頭へ