サイクリングロードの整備

「川・山・海」のサイクリングロードの整備

和歌山県では、地域の魅力を楽しみながらの観光や健康づくりを促進するため、利便性や安全性を備えたサイクリングロードの整備を進めています。
川・山・海のルートを設定し、青色のライン(ブルーライン)を引くことで、自動車運転手にも注意を促しながら、 サイクリストをできるだけ車が通らないルートに誘導し、安全にサイクリングを楽しめるように取り組んでいます。

ルート図
サイクリングロード ルート図
ブルーライン整備状況の写真
「川」のサイクリングロード(紀の川沿い)

また、ブルーラインの表示方法については、道路の種別、自動車の交通量、幅員等により定めており、主に次の4つに分類しています。

整備手法の写真
このほか、和歌山県では、県内全域のおすすめ周遊ルートを掲載したマップを作成しています。
和歌山県サイクリング周遊ルート図(PDF形式 8,494キロバイト)

自転車活用推進法

平成29年5月1日、自転車の活用を総合的かつ計画的に推進することを目的とした「自転車活用推進法」が施行されました。
同法の基本方針では、自転車の活用の推進に関して、以下の施策について重点的に検討・実施されるべきと定められています。

基本方針

  1. 自転車専用道路等の整備
  2. 路外駐車場の整備等
  3. シェアサイクル施設の整備
  4. 自転車競技施設の整備
  5. 高い安全性を備えた自転車の供給体制整備
  6. 自転車安全に寄与する人材の育成等
  7. 情報通信技術の活用による管理の適正化
  8. 交通安全に係る教育及び啓発
  9. 国民の健康の保持増進
  10. 青少年の体力の向上
  11. 公共交通機関との連携の促進
  12. 災害時の有効活用体制の整備
  13. 自転車を活用した国際交流の促進
  14. 観光来訪の促進、地域活性化の支援

詳細については、国土交通省 自転車活用推進本部のホームページ(外部リンク)をご参照下さい。

このページの先頭へ