主要街路事業箇所

主要街路事業箇所

主要街路事業箇所一覧

路線名

箇所

概要

事業目的

事業認可期間

西脇山口線

(川永)

和歌山市

宇田森から

藤田まで

(バイパス整備)

延長 1.33キロメートル

幅員 20.0から25.0メートル

和歌山市北部地域を東西に連絡する唯一の主要幹線道路として整備することで、交通混雑の緩和及び歩行者の安全を確保します。

(山口西から藤田)

平成26年12月2日から

平成30年3月31日まで

(宇田森から山口西)

平成28年11月28日から

令和4年3月31日まで

南港山東線

(西浜三丁目~関戸一丁目)

和歌山市

西浜三丁目から
関戸一丁目まで

(現道拡幅)

延長 0.92キロメートル

幅員 26.0 メートル

和歌山市の臨海部地域と南東部地域を連絡する主要幹線道路として整することで、交通混雑の緩和及び歩行者の安全を確保します。

平成28年11月28日から

令和5年3月31日まで

岡田大野中線

海南市

岡田

(バイパス整備)

延長 0.66キロメートル

幅員 25.0メートル

海南市の北部地域と和歌山市の南部地域を結ぶ主要幹線道路として整備することで、防災機能の向上を図るとともに、交通混雑の緩和及び歩行者の安全を確保します。

令和3年2月16日から
令和9年3月31日まで

黒江線

海南市
黒江

(現道拡幅)

延長 0.46キロメートル
幅員 12.0メートル

南海トラフ巨大地震等による津波被害が想定される国道42号の代替性を有する道路として整備することで、防災機能の向上を図るとともに、交通混雑の緩和及び歩行者の安全を確保します。

令和2年8月5日から
令和7年3月31日まで

文里湾横断道路

田辺市
文里二丁目から
新庄町まで

(バイパス整備)

延長 1.72キロメートル

幅員 14.0メートル

近隣町との地域間交通網を形成する道路として整備することで、大規模災害時における避難路等としての利用を図るとともに、交通混雑の緩和及び歩行者の安全を確保します。

令和2年11月10日から
令和10年3月31日まで

千穂王子ヶ浜線 新宮市
千穂三丁目から
浮島まで
(現道拡幅)
延長 0.50キロメートル
幅員 16.0メートル
国道42号から新宮紀宝道路新宮北IC(仮称)間を結ぶ道路として整備することで、アクセス性の向上を図るとともに、交通混雑の緩和及び歩行者の安全を確保します。 令和2年11月24日から
令和8年3月31日まで

主要街路事業箇所 位置図

令和2年度主要街路事業の位置図

このページの先頭へ